人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

バックロードホーンスピーカーの低音不足感?を解決!

バックロードホーンスピーカーは低音不足ではなかった!?

 

 もしも、バックロードホーンスピーカーが上手く鳴らないからといって、聴いていないのはもったいないかも?

 

 

 

追い込めば追い込むほど、キツく感じる音

 

 メインシステムの10cmフルレンジ・バックロードホーンスピーカーのスーパースワンの音が、年齢とともに耳にハードに感じるようになり、audiopro fs-20 ばかり聴くようになっていた。

 

f:id:audiojazz:20200730214414j:plain



 

 オーディオ評論家の長岡鉄男氏が夢の中で思いつき設計したスーパースワンも20年以上経過している。

 

 フォステクス からFE108の限定ユニットが発売されるたびにユニットを交換してきた。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 しかし長岡鉄男氏が亡くなられてから発売されたユニットは20年以上前のエンクロージャーには合わなくなってきた為か、スーパースワン が思い出の飾りものとなりかけていたのだ。

 

 

 

 バックロードホーンは、軽いフルレンジのユニットの裏からでる音(空気)を逃がさないようにしてホーンロードをかけ低音を補う。

 

 

 スピーカーにはいろいろな方式があり、それぞれに個性(癖?)があるが、 市場のスピーカーはコンパクトでも低音感が得られて設計がしやすいためなのかバスレフ型が多い。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 バックロードホーンはバスレフポートと違い、ユニットが取り付けられている空気室のヘッド(スーパースワン の場合)と2m程の折り返しホーンを通過しながら中高域が減衰し、且つ低音の空振りをなくしてユニットの正面から出る中高域とバランスさせるという設計。

 

 

 ユニットとホーンは、「フルレンジ+ウーファー」のような関係と考えられるが、電気的に中高域をカットした低音ではないためか、ホーンによる中音域でのクセが感じられる時がある。

 

 

 低音は2mものホーンを経て出てくるので、ユニットの正面から出る音よりも時間的に遅れているのはずなのだが、実際には強力な磁器回路で軽い振動板の立ち上がりが速いフルレンジの低音が増強されている為か、聴感上は低音の遅れを感じない。

 

 

 しかし、立ち上がりの速い低音は立ち下がり?も速いので、低音のキレが良い反面、重たいウーファーのようなコッテリとした低音を感じにくい。

 

 

 デジタルが進化しノイズの少ない信号を艶やかな音にするケーブルや解像度を求めたアクセサリーを導入すればするほど中高域の目立った音になり、それをバックロードホーンスピーカーで聴くと低音不足に聴こえがちになる。

 

 audio pro のfs-20を高音質に鳴らそうとすれば、今度はバックロードホーンのスーパースワン から出る音は、ますます中高域やホーンの癖に引っ張られて低音を感じられなくなってきた。

 

 なんとかスーパースワンを活かそうと、いろいろトライした。

 

 スピーカーケーブルを昔使ってたキャプタイヤケーブルにしたり、RCAケーブルをVVFコードにしたり、ヘッド部の吸音材を変えたり(増やしたり)、ラックスマンの真空管ハーモナイザーをネットワークプレーヤーとアンプの間に導入してみたり、、。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 それぞれ音が変わったのは確かだが、音楽を聴いていて胸が高鳴る、とまでは行かなかった。

 

 

 

 

スーパースワンの低音に希望が見えた音工房Zのキット

 

 

 スーパースワン の音に聴き疲れてきたので他に何か良い方法はないものか?

 

 

 ある時、スーパースワン用の低音改善の為のキットが音工房Zから発売しているのを知り、あまり期待もせずに試す事とした。

 

 

 D101Sスーパースワン低域量感調整キット

 

 勝手に寸法など紹介出来ないので、amazonに掲載さているリンク先を貼っておくので写真などを見てどのようなものかを一度確認して見てほしい。

 👇

D101Sスーパースワン低域量感調整キット (大型バーチブロック付セット)

 

 

 

下の写真は、私が実際にスーパースワンに取り付けて余ったキットの木片。

 

f:id:audiojazz:20200317222545j:plain

 

www.audiojazzlife.com

 

 その音工房Zのキットをホーンの開口部に取り付けすると、中音域の癖がなくなり低音が伸びてくると言う。

 

 早速購入し梱包を開けると、合板をカットした板切れが数枚と取説が入っていたのを見て、「これは高い買い物をしたなぁ〜」というのが第一印象だった。

 

 

 取説を見ると、大きさの異なる板切れを組み合わせたりしてスーパースワン の背面のホーンの開口部に隙間を開けつつ、塞ぐように貼り付けるだけとの事。

 

 

 まあ、せっかく購入したので100均で買ったクランプでホーンの開口部に仮止めし、ネットワークプレーヤーでAIFF音源やハイレゾ音源など再生してみた。

 

 

 すると、聴いてビックリ!!

 

 

 中音域の共鳴音の癖がなくなり、スーパースワン から初めて聴くような弾力のある低音が出た事には驚いた。

 

 

 そして仮止めではなく、音工房Zのキットを接着剤でしっかりと固定した。

 

 

 

 

 寝室のAVシステムに使っているテレビ台兼用のスピーカーも長岡鉄男氏設計のAV-1Mk2というもので、バックロードホーンスピーカーの一種である。   

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 音工房Zに質問をして、アドバイスをもらいながら見よう見まねで開口部に取り付けるキットをベニヤ板で自作し取り付けてみた。

 

 流石にスーパースワン の強力なユニットから出る音とは違うが、かなりテレビ放送のアナウンサーの声が聴き取りやすくなった。

 

 サブウーファーも鳴らすと低音の繋がりがかなり良くなる事に気づく。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 映画でサラウンド再生している時は、「癖も音のうち」と割り切っていたのが、開口部に板切れを取り付けただけなのに、かなり音楽再生もイケてる音に変わった。

 

  

 

 

アナログレコードで再生するべし!

 

 audiopro fs-20 はスーパースワン と比べると癖が無く派手さも無いが、暖かい中域や低音に安心感を感じる。

 

 

 

 しかし派手さが無い分、物足りなさを感じる事もあり、ケーブルやインシュレーターや怪しげなスーパーツイーターなどアクセサリーで高域の艶を重視してチューニングしている。

 

 

TaKe T 音質改善 スーパーツィーター BATPURE ペア
 

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 

 

 

 ソースはCDプレーヤーやネットワークプレーヤーのN70Aがメインとなり、CDからリッピングしたデータやSpotifyやAmazon musicやDeezerなどのサブスクリプションを音源としていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 電源ケーブルもフジクラCVS3.5にパラジウムの電源プラグを組み合わせたりして、fs-20 からシャープな高域と全体的なパワーとスピード感を引き出すケーブルセッティングをしていた。

 

 

 

小柳出電気商会 電源プラグ P-046

小柳出電気商会 電源プラグ P-046

  • 発売日: 2005/07/10
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

小柳出電気商会 IECコネクター C-046

小柳出電気商会 IECコネクター C-046

  • 発売日: 2005/07/10
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 

 しかしスピーカーの切り替えスイッチをスーパースワン にして聴くとかなり聴き疲れする。

 

 

 fs-20 を鳴らそうとすればする程、スーパースワン の音は鋭く、サックスやトランペットなど耳に刺さるようになり低音感も不足していた。

 

 

  最近は、サブスクで音楽をつまみ食いのような聴き方をするようになり、じっくりアルバムを楽しむ事も減った。

 

 

 昔はやっと買ったCDをしゃぶり尽くすように聴いていたが、便利なサブスクのデジタル音源ではいつしかアルバムを通して聴く事がなくなり、かつてのように音楽そのものを楽しめなくなっている自分に気がついてきた。

 

 

 そろそろスーパースワン とfs-20を処分して、それを元手にスピーカーのグレードアップを図ろうと物色し始めていた頃だっだ。

 

 

 InstagramやTwitterなどを眺めていると、結構アナログレコードの写真や話題がアップされている。

 

 いつしかスピーカーの買い替えよりアナログレコードに関心を持つようになってきた。

 

 

 そして、マイカーの車検がかなり安くなる方法があったので、その浮いたお金を使ってレコードプレーヤーを購入する事にした。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 オーディオを始めてから30年が過ぎて初めてのレコードプレーヤー導入となる。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 どうやら数年前からアナログレコードのニーズが増えてきて、レコードプレーヤーが各オーディオメーカーから発売されている。

 

 

 初めて買うアナログプレーヤーは安くても音質に拘ったものを探すとTEACに行き着いた。

 

 

 

 初めて自分のオーディオシステムでマイルスやコルトレーンやビルエバンスのレコードを聴くとfs-20 から流れてくる深みのある音の表現に関心する。

 

open.spotify.com

 

 

open.spotify.com

 

 

open.spotify.com

 

 

 

 次はスーパースワンに切り替えて聴いてみる。

 

 

  すると、ビックリ!!

 

 水を得た魚のように、スーパースワン が鳴り出した。

 

 今まで気にしていたスーパースワンの低音や中高音の癖が全く感じられない。

 

 音量を上げても耳に刺さらない。

 

 低音は信じられないほど深く伸び、ウッドベースが唸り、中音域のサックスも色気がたっぷり感じられる。

 

 驚いたのがダイナミックレンジの広さで、音楽が感情豊かにダイナミックに鳴る。

 

 高域のトランペットも勢いよく出ているのだが耳に刺さらないのに突き抜ける。

 

 決して周波数が広がるはずは無いのに、60年代のジャズのウッドベースも豊かな音で鳴るのは驚きだ。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 RCAケーブルも吟味し、デジタルで聴いていた音とは別世界が広がる。

 

 

 

 決して高級では無いアナログレコードプレーヤーでここまで鳴るとは全く思っても見なかった。

 

 

 バックロードホーンのスーパースワンの低音は、レコードによっては音圧で部屋の何処かでビリつくほどエネルギーがみなぎっている。

 

 

 スーパースワン とは20年以上の付き合いだが、今まで実力を発揮させず処分しようとまで考えた事に申し訳けなく思った。

 

 デジタルでも高級なDACや高音質なハイレゾ音源では評価が違ってくるかも知れないが、少なくともパイオニア のN70Aから出力されるCDのリッピングデータやサブスクの圧縮デジタルの音とアナログレコード盤の違いは明らかだ。

 

 アナログレコードでは、古い録音やCDで聴いて冴えなかったアルバムもスーパースワン では豊かに聴こえる。

 

 最近は3way4スピーカーのfs-20 よりも10cmフルレンジバックロードホーンのスーパースワンで鳴らす事の方が多くなった。

 

 

 奥行き感や楽器の響きや伸びやかさが素晴らしい。

 

 

 同じマスター音源ではないにしろ、持っているCDで聴いていたアルバムとレコード盤とでは全く音の表情が違う。

 

 今まではボーカル以外は、楽器が鳴っているという感覚だったのが、アナログレコードではアーティストが楽器を使って演奏しているという事が伝わってくる。

 

 またカートリッジ交換で音の違いが明確に現れてくるのも面白い。

 

 

 もし、昔自作したバックロードホーンスピーカーが眠っていて、まだアナログレコードを聴いた事がなければらレコードプレーヤーの導入を強くおすすめする。

 

 

 私の場合、14万円のネットワークプレーヤーよりも5万円代のアナログプレーヤーが低音不足で悩んでいたバックロードホーンスピーカーの救世主となってくれた。

 

 

 

 

 アナログレコードはノスタルジーを求める為でなく、高音質を追求する事を目的として導入するべきだと強く思った。

 

 

 

 最近は30年前に購入したお気に入りのCDをせっせとアナログレコードで買い直して綺麗に洗って聴いている。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 尚、デジタルも今まで積み上げてきたもので、その利便性に気づかされた事もアナログレコードを導入してあらためて気がついた。

 

f:id:audiojazz:20200801081247j:plain

 しかし、今後アナログレコードとデジタルプレーヤーは、共存していくつもりでいる。

 

 

 強力なハイスピードユニットのバックロードホーンスピーカーが、決して低音不足では無い事を初めてアナログレコードで体験できた。

 

 

 あっさりとバックロードホーンの低音をアナログレコードが目覚めさせてくれた。

 

f:id:audiojazz:20200801081043j:plain

 

 

 この体験は、趣味のオーディオが残りの人生を豊かにすると約束してくれたように感じたのであった。

 

 

 

 2020年8月1日新規投稿

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

 

 

 

  

 

 

 

www.audiojazzlife.com

www.audiojazzlife.com

www.audiojazzlife.com