人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

手触りと音 QEDスピーカーケーブルの簡単レビュー

バラエティに富んだQEDというメーカーのスピーカーケーブル

 

素材や構造による音の違い

 ケーブルやインシュレーターなどは、それを形成している素材や構造によって音が異なる。

 

 これは見た目や手触りの感覚と再生される音の印象が似てる事が多い。

 

 例えばインシュレーターなどは、ガラス製、真鍮製、木製、ゴム製などがある。

 

 ケーブルは柔らかいゴムみたいな被覆やプラスチックのような硬いものや太いもの、細いものなど。

 

 見た目の印象が脳に刷り込まれてそのよう聞こえるとの意見は否定しないが、実際何度も交換して聴きくらべてみると、硬いケーブルは音の輪郭が明確、柔らかいものは雰囲気や響きが多かったりする。

 

 インシュレーターなんかも、硬いとかっちり締まった感じ、ゴムだと柔らかい感じ。

 

 ケーブルは線材の純度よりも被覆の硬さのほうが影響が大きい気がする。

 

 

 

スピーカーケーブルで音質の変化を楽しむ

 

 カナレ の4S6と4s8、ベルデン の8460と 8470、AETのF075やR125、昔は 電力用のキャプタイヤケーブルやVVFケーブルなどどれも構造の違いによる太さや硬さなども異なり、音も手触りの感覚に近いものがあった。

 

 最近はQEDというメーカーのスピーカーケーブルが面白くて、ついに5種類買ってしまった。

 

 手触りよる音の特性を活かし、適材適所でQEDのスピーカーケーブルを含め、自分好みの音で鳴るよう、それぞれのシステムとの組み合わせを楽しんでいる。

 

 

QEDのスピーカーケーブルの簡単レビュー

 視聴機器

・スピーカー スーパースワン(FE108sol搭載 点音源 バックロードホーン)

 audio-pro fs-20 (トールボーイ 3ウェイ)

・プリメインアンプ Luxman L-505uXⅡ

・プレイヤー パイオニア ネットワークプレイヤー N70A

*スピーカーケーブルは片側2.5mずつで視聴した。

 

Profile 79 Strand


高音が厚みをもって細かく散乱し、中、低域も厚みがある。全体的に艶があり柔らかな雰囲気で表情豊か。(触った感じは柔らかくしなやか)

 

 

 

Performance Original

 


高音でカッチと鳴り、ボーカルは引き締まり、楽器の立ち上がりも早く感じる。低音は弾力より輪郭重視で下まで伸びている感じはない。 (触った感じは固くケーブル同士が当たるとカラカラと音がする)。

 

 

 

Performance XTC

 

 


締りと響きのバランスが良い。低音は締りと弾力がバランスする。( Originalよりは固くないが、どちらかと言えば硬め。ケーブル自体軽い感じ)

 

 

 

Performance Ruby Anniversary Evolution(廃盤)

 

 


全体の音圧が高い。少し大味。ケーブルの主張が強い。(太くて硬い。曲げにくい。)

 

 ⇒XT25( Performance Ruby Anniversary Evolutionの後継)

 

 

 


Signature Revelation 


( Ruby Anniversaryより太くないが、触った感じは硬い。)

 


 
 Ruby Anniversaryより落ち着いているが、情報量一辺倒で聴かすタイプでは無く音の響きも伴っている。

 

 

 

スピーカーケーブルは適材適所

 実は、QEDのケーブル以外のも使っているが、ケーブルもオーディオアクセサリーも

適材適所があり、自分自身で繋ぎ変えて確かめるのが一番だ。

 

 

私の環境ではスーパースワンに、Performance XTCを使用している。

www.audiojazzlife.com

 

 

Signature Revelationは、audio pro FS-20に使っており、最近になって真価を発揮してきた。

www.audiojazzlife.com

 

 

 

寝室のAVシステムには、Performance Originalを使ってFE83-solがかなり良い音で鳴っている。

www.audiojazzlife.com

 

 

 ちなみにサブシステムので、ケンブリジサウンドのSX-50という13cm2ウェイ小型スピーカーでも聴いてみたが、響きの良いProfile 79 Strandが感じが良かった。

www.audiojazzlife.com

 

 今はしばらく使っていなかったAETのケーブルを引っ張りがしてきて、QEDやベルデンと比較し、AETのF125をサブシステムに使用している。

 

 これも手触りが柔らかく響きが良い。 

www.audiojazzlife.com

 

 

 価格差と言うより、被覆や構造の違いや太さの違いがそのまま音に現れる感じで、それぞれ個性が有って非常に面白い。

 

 

 まず、Profile 79 Strand Performance Original Performance XTC の3種類さえあれば、自分の好みの音が探せるのでは無いか?と思う。

 

 

  なお、Performance Ruby Anniversary Evolutionは、変化の度合いが大きく、広めの部屋で長く引き回す場合はよいかも?私のような狭い環境では少し音圧が高すぎた。

 

 

 Signature Revelationはこの中で一番高額なケーブルだったが、他のケーブルに比べて価格差ほどの大きな違いが感じられなかったが、最近になってレコードプレーヤーを導入しアナログレコードの情報量の多さをしっかり出してくれている。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 機器や環境によって音は違うと思うが、実際に私が数年間使った感じとしては、QEDのケーブルは音の響きが良く表現され、艷やかで音楽を聴いていて楽しい。

 

 QEDのスピーカーケーブルは、音楽好きにもオーディオ好きのどちらにもお勧めできるスピーカーケーブルだと思う。

 

 

 

2019年5月18日(更新)

2019年12月11日(初回投稿)

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村