人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

プラス真空管で、癒やしのジャズオーディオ

オーディオに真空管という味付け

 

 

 

CDだけじゃないデジタルオーディオ時代

 

 CDプレーヤーとプリメインアンプとスピーカーでシステムを組むことがオーディオの定番とは言い切れない時代になった。

 

 一家に一台、いや1人に1台はパソコンもしくはスマホやタブレットというコンピューターを持っている時代。

 

 それぞれの端末をプレーヤーとしてオーディオシステムを組む事が出来る。



 聴く音楽のジャンルも色々あるように、オーディオシステムの組み方も色々ある。

 

 私はaudioでjazzを聴くのが趣味なので、ジャズを雰囲気よく鳴らしたい。

 



 

手持ちのオーディオシステムにプラス真空管で癒される

 

 特に50年代〜60年代のジャズを雰囲気よく鳴らす? といえば、アナログレコードに真空管アンプ、そしてアルテックやJBLなどの高能率スピーカーと勝手にイメージしてしまう。

 

 1,000万円掛けたオーディオシステムや手作りの真空管アンプなどを聴かせてもらった事があるが、真空管アンプは雰囲気がとても良かった。

 

www.audiojazzlife.com

  

 

www.audiojazzlife.com

 

  

 その雰囲気を自分の手持ちのシステムで味わえないものか?

ということで、ラックスマンの真空管ハーモナイザーを導入している。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 真空管ハーモナイザーをメインのオーディオシステムに導入していたのだが、今はアナログレコードでジャズを雰囲気たっぷりに、しかも高音質で再生できているので、真空管ハーモナイザーを使ってネットワークプレーヤーのデジタル音源を聴くことが少なくなってきた。

 

 もったいないので、リビングに置いているサブシステムに真空管ハーモナイザーを繋ぐことにした。


サブシステム

f:id:audiojazz:20200420011951j:plain

 

www.audiojazzlife.com

 

 

<サブシステムの構成> 

 

 ノートパソコン ⇒ USBDAC ⇒ プリメインアンプ ⇒ スピーカー という構成。

 

 

 USBDAC はフォステクスのPC100USB-HRというボリュームコントローラーを使っているが、これで特に不満があったわけではない。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 今回は真空管で雰囲気をプラスしてみようという試み。

 

 真空管ハーモナイザーは、USB DACプリメインアンプの間にRCAケーブルで繋げる。

 

ノートパソコン ⇒ USBDAC ⇒ 真空管ハーモナイザー ⇒ プリメインアンプ ⇒ スピーカー

 

f:id:audiojazz:20200504030845j:plain

 

 繋げた結果、真空管ハーモナイザー特有の倍音が効いている感じで鳴りだした。

 

  

 このラックスマンのハーモナイザーの真空管は筐体の中に入っており、LEDの光をプラスして灯りを演出するという仕様になっている。

 

f:id:audiojazz:20200504043015j:plain

 

f:id:audiojazz:20200504043116j:plain

 

 

 

最近評判の良い真空管ラインアンプや真空管プリアンプ

 

 ラックスマンの真空管ハーモナイザは既に完売してしまっているが、最近は小型の真空管ラインアンプやプリアンプが売られており評判も良いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

[rakuten:happyh:10011272:detail]

 

 

 

 真空管の雰囲気を味わうには、真空管が露出しているアンプの方が見た目の雰囲気が良くなるはずだ。

 

 音楽を心地よく聴くには、見た目も重要な要素である。

   

 真空管の効果で、音楽は表情豊かに心地よく鳴ってくれる。

 

2020年5月4日  

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

デスクトップ&PCオーディオ PC家電ブログ・テーマ
デスクトップ&PCオーディオ