人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

オカルト? オーディオアクセサリーで音質改善!

🌟オカルトオーディオアクセサリー

・人は神秘的なものに惹かれる

 世の中怪しいものが売られている。

 パワーストーン、幸運を呼ぶ財布、魔除けのブレスレット、開運壺などなど。

 

 昔、ピラミッドパワーと言っていたか?アクリルでできた透明なピラミッド型のケースに例えば10円玉などを入れておき、それを財布に入れるとパワーでお金が入ってくるという商品があった。

 ピラミッドは正確に四隅を決まった方位ににあわせる事が重要だとか?

 

 宝くじの神様が宿る神社には参拝してから宝くじに高額当選した人たちが、お礼参りに来ると言う。

 メンタリストDaiGoさんだったか?が言っていたが、宝くじの1等の当選確率は、宝くじを買いに行く道すがら3回事故に遭うくらいの超低確率らしい。

 

・占いを利用する

 私は占い師に占ってもらったことは無いが、知人がある有名な占い師のところに言ったところ、「あなたが来たのは偶然ではなく必然だ!」とか来ることがわかってたかのように占い師は話しだしたという。

 

 占いを見るのは嫌いじゃないが、子供とテレビで星占いのコーナーで星座の順位を勝った負けただのと楽しく見たりしている。

 しかし、1時間もすればもう自分の星座が何位だったかなんて覚えていない。

 

 朝の慌ただしい時間に仕事に着ていくスーツのネクタイ選びは、ヤフーの星占いに書いてあるラッキーカラーを見てそれに近い色のネクタイを選ぶ習慣がある。

 これは毎日毎日どのネクタイにするか迷う時間が勿体ないし、適当に選ぶと偏って同じネクタイに手が出るので昨日もつけたネクタイかどうかもわからなくなる。

 ラッキーカラーをみればすぐに決められる。

 消耗品である安いビジネススーツで、特別おしゃれに気を使っているわけでも無いのでこれで十分だ。

 

・風水を利用する

 独身時代は、モノトーンの服やインテリアばかり好んでいたが、結婚して新居の家具やカーテンを選ぶときは風水で決めた。

 その当時は、ドクターコパという建築設計士が風水の本を出版したりテレビに出演しまくっていた。

 これも朝のネクタイ選びと同じで風水で方位に相性の良い色を選び、家具やカーテンを選び、悩む時間が大幅に短縮できた。

 おかげで部屋によって明るい雰囲気や落ち着いた雰囲気など、モノトーンだけの暗い部屋にならなくてよかった。

 色もなぜかその方位に馴染むのが不思議だ

 

 私はこのように占いを利用して意外と効率化が図れている。

 ラッキーカラーを使ってもラッキーなことが決まって起こることは無いが、利用したり楽しむ分には良いと思う。

 

・オカルトオーディオグッズ

 オーディオにもオカルトグッズが昔から販売されてきた。

 指先ほどの丸いシールで機器や部屋に貼ることで音質改善効果があるというものや、 固形石鹸ぐらいの大きさのものでそれをオーディオ機器の上に置くとエネルギーをコントロールすると言うものが非常に高額で販売されていた事がある。

 

・超高域再生 Take T スーパーツイーター

 オーディオケーブルを交換すると音質が変わることはマニアの間では常識になっているが、マニアでない人からみれば高額なオーディオアクセサリーはオカルトグッズだろう。

 

 私のメインスピーカーは2セットある。

 私の記事に度々でてくる自作の10cm点音源のバックロードホーンスピーカーのスーパースワンaudio-pro FSー20というメーカー製のトールボーイスピーカーだ。

 

 FS-20もケーブルの良し悪しやセッティングなど敏感に反応してくれるので大変気にいている。

 はじめはスーパースワンと180度違う方向性のスピーカーで、雰囲気重視のスピーカーだった。

 

 スピーカーケーブルを何種類も交換したり、電源ケーブルで自分好みの音に近づけてきた。

 インシュレーターで立ち上がりの鈍さやピアノの艶が改善された。

 

 これら対策とエージングにより、最初に設置したときの鈍さは解消されたが、あともう少し何かできないものか?

 

 逸品館で波動ツイーターというものが販売されていた。

 「音の立ち上がりの鋭さ=空気の圧力の高さ」という理論で作られたらしく、効果としては「あらゆる楽器の明瞭度が向上し、再生音が圧倒的に生音に近くなる」「音の広がりや定位が良くなり空間表現が自然になる。」

 「音の躍動感が大幅に向上し、音楽が生き生きする」と言うもの。

 非常に理論だてて作られたもので興味をそそる。

 

 実際に私が使っているaudio pro Fs-20の上に波動ツイーターを載せて鳴らしている逸品館のyoutube動画がある。

 しかしペアーで買うと6万〜17万する。

 これだけお金をかけるのであれば、他のスピーカーに買い替えたほうがよっぽど良いと思う。

 

 他にこのような商品が無いか調べてみると、Take T 音質改善スーパーツイーター というものを発見した。

 効果としては可聴領域を超える20KHz以上の高周波を出すことにより、解像力感?や上質感?美しさ?の高品質化につながるとのこと。

 ヘッドホンやテレビのスピーカーにも効果がるらしい。

f:id:audiojazz:20200203232449j:plain

 

TKETには イヤホンやヘッドホン用にこの様なものも発売されているみたい。

 オーディオアクセサリーとしては、そう高くも無いので試しに購入してみた。

 

 ネットワークもなく既存のスピーカーに並列につなげるだけで良いとのことで、アンプを通常の音楽を聴くボリューム位置でTakeTのスーパーツイーター単独でならしてみた。

 実際に鳴らすとチリチリと音楽のリズムに合わせたような音が非常に小さく聞こえた。

 私はそのころ既に40代半ばだったので、超高音は12kHZぐらいが限界だった。

 

 こんなもので、本当に効果があるのだろうか?

 

 早速スピーカーに両面テープで貼り付け、ケーブルを繋げてスピーカーの端子に並列で繋いで聴いてみた。

 

 音のバランスは全く変わった感じはしないが、少しツヤがでたような気がした。

 

 よくよく考えてみると私の持っているCDプレーヤーのパイオニアのPD-HL5もTakeTスーパーツイーターと同じような思想の技術が使われていおり、それは「Hi-bit・レガート・リンク・コンバージョン」というなものだ。

 

 

★以下パイオニアのPD−HL5 のメーカーサイトより

*「Hi-bit・レガート・リンク・コンバージョン」

CDフォーマットでは、記録される周波数の上限は20kHzまで、量子化ビット数は16ビットと決められています。しかし、自然界の音や楽器の音には20kHz以上の周波数成分や量子化ビット数の最小分解以下の微小レベル成分も含まれています。つまり、厳密にいえば、CDにはオリジナルの信号波形そのものが記録されているとは言えません。
そこで当社は、CDフォーマットではカットされている20kHz以上の周波数成分を推定して生成する"レガート・リンク・コンバージョン技術"を開発しました。また、CD再生におけるもう一つの課題であった'微小レベルでの滑らかな波形再生'を実現する為、"Hi-bit化技術"を開発。CD上のデータをもとに原音の波形を推定し、16ビットオリジナルデータを24ビットデータに再量子化し、ダイナミックレンジの拡大と量子化歪みの低減を図り、滑らかな波形の再生を可能にしました。

 

 確かに発売当時、PDーHL5は同価格帯の他のCDプレーヤーとは違う良さがあった。

 解像度も高くワイドレンジ感もあり滑らかだったので購入に至った。

 

 Take Tはオカルト商品かと思いきや意外とまともな考えで作られたものだった。

 

 不思議なことに20KHzはおろか10KHzくらいまでしか明確に聞き取れないのはずのアラフィフの耳だが、それより遥か高い高音を出して可聴帯域に対して効果があるのは本当に不思議なものだ。

 

 音と映像は違うが、サブリミナル効果といって動画再生中に人が目で見て気づかないうちに別の映像(例えば商品の広告?)を普通の人間が見えないくらいの速さで何回か差し込まれていると人はその影響を受けその商品に興味をもつようになるといわれている。最近はどうかわからないがYoutubeなどで実践している人もいるかもしれない?

 

 TakeTの話にもどるが、接続するケーブルもいろいろ試した。

 今はベルデンのスピーカーケーブル8460にY型プラグを付けスピーカー側の端子に繋げ、アンプと接続するメインスピーカーケーブルはバナナプラグで同じくスピーカー側の端子に繋がっている。

 

f:id:audiojazz:20200203232815j:plain

 ベルデン8460は適度に固く細いため、本当に小さなTakeTに、はんだ付けせずに巻きつけて接続できるので重宝している。

 

半田の熱でTakeTの薄い金属の膜を痛めて壊してはいけないので、接続の際は気を付けたほうが良い。

 

 TakeTは、数年前に購入したが、今でも外さずにFS-20に貼り付けて使っている。

 

 一時期外したり、付けたりを繰り返していたが、今もTakeTはFS−20に貼り付いて並列に繋がったままだ。

 

f:id:audiojazz:20200203232948j:plain

 これはオカルトやプラッシーボ効果なのかわからないが、無いと寂しくなる感じがするのは不思議なものだ。

 

 この手の商品は、高額なものもあるが興味の有る方は安いので、試してみてはどうだろうか?特に20代の若い方は効果がすごく感じられるかもしれない?。

 

 いずれ子供に手伝ってもらて、Take Tの聴き取り実験でもしてみようかな?

 

 

2020年2月4日 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村