人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

DL-103 超定番だが要注意!DENON MC型カートリッジの感動!

初めてのMC型ステレオカートリッジ DENON DL-103

 

 

 

 

歴史あるMC型カートリッジ DENON DL-103 

 

 初めてのステレオMC型カートリッジを購入した。



 いろいろ悩んだ結果、超定番と言われている DENON DL-103というMC型カートリッジにしてみた。

 

 

 

 

 DENONのホームページには、以下のようにシンプルに記載されている。

 

https://www.denon.jp/ja-jp/shop/denonapac-turntablecartridges_ap/dl103_ap



・2020 VGP金賞 カートリッジ(3万円以上10万円未満)

 

・ 信頼のMC。放送局で活躍。

 

・-現在も第一線で活躍。




 NHKと共同開発で作られたとのことで、50年以上の歴史のあるMC型カートリッジである。



 こんなロングランな製品は、よほどの信用がないと実現できないと思う。



 レコードプレーヤーのカートリッジは、「DL-103に始まってDL-103に終わる。」という記事もチラホラ見受けられ、その言葉に背中を押されて購入に至った次第である。

 

 

 

 

DL-103の高さが「15mm」であるが故に

 

 

 私の初めてのレコードプレーヤーTEACのTN-3Bには、標準カートリッジとして、オーディオテクニカのVM型(MM型と同等)のAT-VM95Eというものが付属していた。

 

 

 

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 後にオルトフォンのヘッドシェル付きの2MREDという真っ赤なMM型のカートリッジを導入して使いこなしに精を出していた。

 

www.audiojazzlife.com

  

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 

 更に最近はモノラルのレコード盤を購入したことをきっかけに、モノラルカートリッジを導入。

 

 モノラルカートリッジで鳴らなすモノラルレコードの音の素晴らしさに衝撃を受けた。 

www.audiojazzlife.com

 

 オーディオテクニカのAT-MONO3/LPという高出力MC型モノラルカートリッジで、MC型モノラルの中では、安くて評判の良いカートリッジだ。 

 

 

 プリメインアンプでPHONOのMC入力を使うのも初めてだったので、この音の良さはMC型に起因しているのではなかろうか?

 

 

 そのうちに、ステレオカートリッジでもMC型に変えると、MM型では味わえない何かがきっとある!という期待を膨らませながらのDL-103の購入だった。

 

 

 しかし、このDL-103がなかなか上手く鳴ってくれなかったのである。

  

 悪戦苦闘しているうちに、ふと疑問に思ったことがあった。

 

 

 


それは、DLー103というカートリッジの背の高さが15mmという事。

 

f:id:audiojazz:20200705063430p:plain



 

 

TEACのレコードプレーヤー付属

オーディオテクニカVM95Eの高さが17.2mm

f:id:audiojazz:20200705062909p:plain




オルトフォンの2MREDの高さが18mm

f:id:audiojazz:20200705063118p:plain




 それらに比べて、DL-103の背の高さが2〜3mmも低い。



 たとえ、それぞれのヘッドシェルの違いがあれど、こんなに低くてはTEACのトーンアームとの相性はどうなのだろうか?



 

 

オヤイデのスペーサーの挿入

 

 カートリッジによって高さの違いはあるのはわかるが、DL-103の高さ15mmは低過ぎはしないだろか?

 

 もっと上級機のプレーヤーはトーンアームのベースの高さ調整が出来るものがあるが、TEAC TN-3Bはマニアックな調整が出来ない。

 

 そうならば、カートリッジ側で高さを調整するか、ターンテーブル側で高さを調整するしかない。

 

 しかし、、ターンテーブルに新たなターンテーブルシートを導入し高さを稼ぐとなるとカートリッジを変える毎にターンテーブルシートもその高さに合わせて変える必要がでてくる。

 

 少しでも精度を高くして調整するならばカートリッジ側で個別に高さを調整する方が良い。

 

 そこでうってつけな方法として、ヘッドシェルとカートリッジの間にスペーサーを挿入する事にした。

 

 

 

 オヤイデのMCS-CFという製品。

 

 

 

 

 出来ればヘッドシェルにダイレクトにカートリッジを取り付けたかったのだが、背に腹は変えられない。

 

 

 

 オヤイデのスペーサーは、0.5mmと1mmと1.5mmがそれぞれ1枚づつ入っており、それらを組み合わせて調整していく。

 

f:id:audiojazz:20200705063943j:plain

 

 

 

 

 最初は1mmをDL-103と一緒に購入したオーディオテクニカのMCS-CFをヘッドシェルAT-HS10との間に挿入した。

 

 

 

f:id:audiojazz:20200705064123j:plain

 

f:id:audiojazz:20200705064328j:plain

 

 細かい作業が苦手だが、DL-103とスペーサー、ヘッドシェルを何とか取り付けて期待を膨らせながらレコードに針を落とす。

 

 

 第一印象は、なんじゃこりゃ?

 

 期待外れもいいとこ。

 

 全然、音が良くない。

 

 エージング不足なのか?

 

 

 

 

 何度もカートリッジのオーバーハングを調整し、トーンアームのゼロバランス調整、更にアンチスケーティングの調整をするも一向に良くならない。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 針圧も針圧計で、きっちり2.5gに合わせている。

 

f:id:audiojazz:20200705064554j:plain

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 後日、昔からレコードプレーヤーでオーディオをやっている会社の先輩にDL-103はエージングに時間がかかるのか?と尋ねてみたが、先輩が言うには「DL-103を今まで針先の消耗で2回くらい新たに購入し続けているが、毎回新しいDL-103に取り替えるたびに音の良さに感動する!」と言う。

 

 

 どうもエージングで大化けするわけではなさそうだ。

 

 

 

水準器とゲージで再調整しまくる

 

 レコードプレーヤーをオーディオラックに設置する際は、必ず水平に設置しなければならない。 

 

 

 初めてレコードプレーヤーを再生した時、ハウリングに悩まされて、レコードプレーヤー本体とターンテーブル自体はすでに水準器で水平になるよう徹底的に調整している。

 

 

 

 

 

 

 しかし、トーンアームのゼロバランス調整やカートリッジの傾き調整は目分量で行っていた。

 

 

 

 これもきっちりゲージを買って調整する必要があると思い、水準器付きゲージを購入した。

PP-A01 水準器付ゲージ

PP-A01 水準器付ゲージ

  • メディア: その他
 

 

 

 

 いざゲージで測ってみると、アームのゼロバランスも水平から少しずれており、カートリッジの左右の傾きやアジマス(カートリッジの首かしげ)もずれていた。

 

f:id:audiojazz:20200705065857j:plain

 

 

 

 

 これらを徹底的に調整しまくった結果、気持ち悪い音像の定位は改善出来たが、モノラルカートリッジを初めて聴いた時のような感動が味わえない。

 

 

 これならば、オルトフォンのMMカートリッジのほうがよっぽど良い。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 

スペーサーを1mm→2mmに変更

 

 

 他に何が出来るか考えた。

 

 

 DL-103の高さ15mmに対して1mmのスペーサー。

 

 

 という事は、高さが16mmになっただけで、レコードプレーヤー付属のカートリッジの17.2mmよりまだまだ低い。

 

 

 

 1mmのスペーサーを取り除き、1.5mm と0.5mmのスペーサーを重ねて2mm厚のスペーサーとしてヘッドシェルとDL-103の間に挿入した。

 

 

 

 

 これで高さが17mmとなる。

 

 

 

 スペーサーの挿入で重すぎにならないか心配したが、カウンターウエイトもカツカツだがきっちりゼロバランス調整が出来た。

 

f:id:audiojazz:20200705070045j:plain

 

 

 

 カートリッジの傾きやアジマス、オーバーハングの調整も徹底した。

 

 

 そしてレコードに針を落とす。

 

 

 かなりマシになった。

 

 

 最初の頃とは大違いだが、全然オルトフォンやオーディオテクニカのカートリッジに追いついていない。

 

 

 レコードを再生しても、喜びや感動、ノリ、輝き、広がりが一向に感じられない。

 

 

 

ヘッドシェルの再選定

 

 DL-103に対してヘッドシェルのAT-HS10が弱いのか? 

 

 DL-103とよくセットになっているオーディオテクニカのMG-10 

 

audio-technica ヘッドシェル [MG-10]

audio-technica ヘッドシェル [MG-10]

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 このヘッドシェルは前々から知っているが、カートリッジの取り付けビス穴が何箇所あるもののオーバーハングの微調整が出来ないので候補から外していた。

 

 

 

 他に軽量でリーズナブルなヘッドシェルとなるとオルトフォンのSH-4となる。

 

ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン

ortofon SH-4 Black ヘッドシェル オルトフォン

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 今まで使っていた2MREDと同じヘッドシェルなので、面白くないと思って避けていたが、色違いの黒があるのでDL-103にもオルトフォンのSH-4ヘッドシェルを付けてみる事にした。

 

f:id:audiojazz:20200705070519j:plain

 

 

 

めげずに、ゲージや水準器を使い徹底的に調整した。

 

 

 

f:id:audiojazz:20200705071354j:plain

 

 

 

f:id:audiojazz:20200705071549j:plain

  

 

 

 

 

 

 高級なシェルを購入した訳でもないので、あまり期待をせずにレコードに針を落とした。

 

 

 

そして愛用のスピーカーであるスーパースワンから音が出た瞬間に、

 

キター!!!

 

コレだー!!!

 

 

レンジが一気に広がり、定位もバッチリ、マイルス やコルトレーンが舞い降りた!

 

Kind of Blue [12 inch Analog]

Kind of Blue [12 inch Analog]

  • アーティスト:Davis, Miles
  • 発売日: 2015/06/15
  • メディア: LP Record
 

  

 

 

Ballads [12 inch Analog]

Ballads [12 inch Analog]

  • アーティスト:Coltrane, John
  • 発売日: 2013/01/15
  • メディア: LP Record
 

 

 

 

 

ギル・エヴァンス・オーケストラとマイルス・デイビスの共演

ステレオバージョンだが、オーケストラの鋭いフォーン楽器からの1曲目の出だしが飛びかかってくる様にはビックリした!!

 

 

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 驚く事に今までスーパースワン で聴いた事の無い低音が鳴り響く。

www.audiojazzlife.com

 

 

 曲によってはハウリングが出てくるので、外していたソルボセイン を再びレコードプレーヤーの脚の下に敷いた。

 

 

 

 

 以前はソルボセインを外した方が音が良かったのだが、今回は問題が無さそうだ。 

 

 

 

 更に用意していたORSONICのディスクスタビライザーを満を辞して取り付けると更に見通しが良く、さっき驚いた低音もスポイルされなかった。

 

f:id:audiojazz:20200705072753j:plain

 

 

 

ようやく辿り着いた!

 

 

 やっと感動に包まれる至福の時を迎える事が出来たのだ!

 

 

 これでDENON DL-103が未だにアナログレコード愛好家から愛されている事がよく理解できた。

 

 

 

 

DL-103は高さに注意!(高くすれば良いわけでは無い!)

 

DL-103はヘッドシェルに注意!(トーンアームとの相性やスペーサーの有無でも逆転する。)

 

更に、DL-103の音の良さにくれぐれもご注意下さい!?

 

 

では、また!

 

 

 

 

モノラルカートリッジでも、同様にヘッドシェルによって音が変わることが解った。

合わせて読んでみて下さい。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 2020年7月21日 追記

 2020年7月5日

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村