人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

ラックスマンのプリメインアンプ

スピーカーを駆動しているのはアンプ

 

・スピーカーを活かすも殺すもアンプ次第

 

 真空管アンプ、トランジスターアンプ、デジタルアンプのどれが良いか?

 

 アンプの方式には、それぞれメリットもあればデメリットもあるだろう。

 

 真空管アンプもデジタルアンプも聴いたことがあるが、システム全体としてのチューニングが大切なので一概にどうとは言えない。



 トータルバランスが重要なことは言うまでもないが、アンプはスピーカーを駆動するエンジンのようなもの。できるだけ駆動力の有るエンジンの方が良い。

 

 

 ウーファーユニットの振動板が重たく能率が低いスピーカーの場合、中高音に比べて相対的に低音が増す効果があるが、その重たい振動板を駆動するのはアンプである。

 

 例えば、軽自動車の660CCのエンジンをベンツのワゴンに積むことを想像してみて欲しい。

 

 とてもじゃないが、坂道は登れないし、高速で走ることもままならないと思う。

 

 

 その点バックロードホーンスピーカーは高能率ユニットをホーンエンクロージャーで低音のロスをなくし再生するので、小出力のアンプでもしっかりと駆動できる。

 

 

 82dBなどの低能率スピーカーは小型であっても振動板の比重が重く、アンプのパワーが要求される。

  

 最近は小型ブックシェルフスピーカーが売れ筋のようだが、その中で特に低音のレンジが広いもの(低音再生限界周波数が低いもの)は振動板が重たく能率が低い傾向があるのでシッカリしたエンジン(アンプ)が求められる。

 

 

 

・アンプは電源が命


 
 アンプの力は、出力ワット数だけで決まらない。

 

 数万円のアンプで片側ch120Wの高出力アンプもあれば、数十万円の片側ch50Wのアンプもある。

 

 一般家庭の部屋では片側ch10Wもあれば十分爆音になると思う。

 

 真空管アンプの仕様の出力ワット数を見ればわかる。

 

 それを使っている人は、決して蚊の鳴くような音量で聴いているわけでは無い。

 

 スピーカーはアンプからスピーカーケーブルによって音声信号が伝達され、その音声信号のおおもとはコンセントから供給される家庭用電力である。



 その電力をアンプ内の電源回路(主にトランスやフィルターコンデンサー)でダムのように蓄えられ、トランジスターで制御し音声信号として送り出している。

 

 アンプは、出力ワット数よりも電源回路にしっかりコストが掛かっているものが良い。

 

 価格が高くなるにつれ大きな電源回路を使う傾向にあるので、必然的に重量が大きくなり、それを収める筐体も頑丈になるためアンプの総重量が重たくなっている。




 電源回路のトランスは振動している。

 

 高級アンプになるとトランスが専用のケースに収められ防振対策やノイズ対策が施されている。



 トランスの振動が抑えられていない場合、アンプ内部のパーツが共振を起こして音を濁らせてしまう。



 これらの事から考えると良いアンプはますます重たくなる傾向となる。



 

・気になるポイント

 

 最近のデジタルオーディオの普及により、アンプにDACが内蔵されてきている。

 

 DACは ”デジタルの「D」、アナログの「A」、コンバーターの「C] ” の略称。

 

 パソコンを音源としていることが多いので、USB DACを内蔵している。

 

 実は昔にもDAC内蔵のプリメインアンプが流行った時期がある。

 

 その頃はUSBオーディオなどは無く、デジタル機器を光デジタルケーブルなどで接続されるものだった。



 各メーカーは「最新のDAC搭載」という謳い文句で、CDプレーヤーを光デジタル接続してアンプ内臓のDACで高音質化すると宣伝していた。

 

 しかし、そのブームはいつしか去って行った。




 私はアンプにDACを積む事より、DAC無しで価格を下げるか、同価格であれば電源回路にコストをかけて欲しいと思っている。



 デジタル機器が普及しているので、アナログアンプに付加価値としてDACを積むことは解るのだが、アナログアンプは完成されたオーディオ機器で、DACはハイレゾの普及を見て解るとおり、これからも進化すると思う。

 

 数年もすると内蔵のDACが陳腐化する可能性もある。

 

 陳腐化したDACはアンプにとってお荷物でしか無いのである。



 

 

 

 

 以前、DENONのPMA-2000Ⅱを20年ほど修理をしながらも愛用していた。

  

www.audiojazzlife.com

 

  

 それは純粋なアナログプリメインアンプである。

 

 長年続いたPMAー2000番代シリーズのもの。

 

 PMAー2000Ⅱは20年程使ったが、オークションで4万円位の値段がつくほどだった。

 

 

 

 

  DAC内蔵アンプが10年後、20年後になって高値で売れるのかは疑問だ。

 

 アナログアンプはアナログに徹した方が良いと思う。





・ラックスマン  Lー505uXⅡ の導入

 

 2年ほど前に、メインシステムのプリメインアンプを20年以上連れ添ったDENONのPMA−2000ⅡからラックスマンのL-505uXⅡに買い替えた。

 

 

 

 

 結論から言うと買ってよかったと思っている。 




 買い替えの際、真空管アンプを買おうか、ヤマハのプリメインアンプにしようかと検討したが、伝統のパワーメーターに憧れもあり最終的にラックスマンに決めた。



 

 

 

条件としては以下のとおりだった。

 

①フォノイコライザー付き

 いずれレコードプレーヤー挑戦したかったため。

 

②重量が重たいこと。(電源回路が強力なこと。)

 

③消費電力が大きいこと。(電源が強力な証拠。)

 

④パワーメーターが有ること。(憧れ。)



⑤DACを内蔵していない事。

(陳腐化を避ける。)



⑥スピーカーA B 切り替え出来ること。(2組のスピーカーがあるから。)

 

⑦リモコンが有ること。 

(音量調整がリスニングポジションでできる。)



⑧RCAの入力端子が良いものを使っている。

(出来れば削り出しが良い。)

 

⑨スピーカー端子がバナナプラグやY字端子に対応している。

(SPケーブルを頻繁に交換したり試すことが容易に出来る。)



⑩電源ケーブルが交換可能であること。(電源ケーブルで音が変わる。)

 

 

 以上の条件を満たしているラックスマンのL-505uXⅡを購入。

 部屋の兼ね合い上、土日しかメインシステムで音楽を聴けない。



 初めてレコードプレーヤーを導入して、初めて自分のアンプでPHONE端子を使うことなった。

  

www.audiojazzlife.com

 

 やはりレコードプレーヤー内蔵のフォノイコライザーとは一線を画す違いがある。

 

www.audiojazzlife.com

 



 アンプは修理すれば20年は持つし、20年の間に新しいデジタルオーディオ機器も発売されるようになるだろう。

 

 

 その20年後を想像するとラックスマンのアンプの姿が見えたことが、実はそれを選んだ本当の理由だったりする

 

 

 

 

2020年3月6日

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村