人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

モードジャズを教えてくれたレコードショップの店員さん🎷

「カインド・オブ・ブルー」との出会い モードジャズの夜明け

 

 

70年代のエレクトリック・マイルスから始まる?

 

 マイルス・デイビスのエレキギーターのようなワウワウトランペットの多彩な音にどっぷり浸かっていた。

 

 70年代のエレクトリック・マイルスの音楽は攻撃的だが、ジミヘンのようなロックとはまた違う魅力があった。



 DARK MAGUS

 

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 GET UP WITH IT

 

 

open.spotify.com

  

 

 LIVE EVIL

 

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 A TRIBUTE TO JACK JOHNSON 

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 

 

 

 
 どれも魅力的なアルバムだが、中でも LIVE EVIL と A TRIBUTE TO JACK JOHNSON は、CDが擦り切れるほど? 聴きまくった!



 

マイルス・デイビスのアルバムの数は半端ではない

 

 マイルス・デイビスのアルバムを購入するたびに、毎回良い意味で裏切られる。

 

 TUTU や YOU’RE UNDER ARREST というアルバムに入っている マイケル・ジャクソンやシンディー・ローパー、スクリッティ・ポリッティなどのよく耳にしていた流行りのカバー曲を聴いても、それは次第にマイルスの曲になり、マイルスの魅力に取り憑かれていく。

 

 

 

open.spotify.com

 

 

 

open.spotify.com 

 


師匠はレコードショップの店員

 

 CDアルバムを一気に買えなかった私は、レコードショップのマイルス・デイビスのコーナーでどのアルバムを買おうか迷っていた。

 

 月に1枚ぐらいしか買えないので、CD選びは慎重になる。

 

 そんな高校生の私を察してくれたのか、小柄な男の店員が近づいてきて話かけてきた。

 

 

 私は80年代マイルスを聴いていたころで、他の年代のアルバムの知識はなかった。

 

 すると店員は、「これを聴くと良いよ!」と、あるCDアルバムを勧めてくれた。

 

 店員が手に持っていたのは、「カインド・オブ・ブルー」だった。

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 

 そのアルバムジャケットは、80年代マイルスとは随分と雰囲気のちがう。

 

 いかにもJAZZ!というスーツ姿のマイルス・デイビスだった。

 

 今思えば1959年にリリースされたモードジャズの素晴らしさを説明してくれていたのだが、私にはさっぱり理解できなかった。 

 

 早速、家に帰って聴いてみる。

 

 今までのカッコイイ80年代マイルスとは違い、やたらとスローな曲ばかりだ。

 

 しかし、何処かで聴いたことがある懐かしい感じもする。

 

 気にはなったがイメージがまるで違うので一通り聴き終えたあとは、しばらく聴くことはなかった。



 次の月もいつものレコード店に行った。



 店員は私のことを覚えていてくれたみたいで、「あのアルバムどうだった?」という質問に、私は ”買ってよかった” とは答えられなかった。

 

  

 次に店員が勧めてくれたのは FOR AND MORE だった。

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 これはスリリングなライブアルバムで、カインド・オブ・ブルーと同じ曲名(SO WHAT)なのにスピード感があり荒々しく鋭い演奏に心を奪われた。

 

 マイ・ファニー・バレンタインもスタジオ録音のような"タマゴの殻の上を歩くようなミュートトランペット"とは異なり、別人のようにミス・トーンなんか構わず吹ききっている!

www.audiojazzlife.com

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 次の月も、あのレコード店に行った。

 

 

 今度は NEFERTITI を店員は勧めてきた。

 

 

open.spotify.com

 

 

 レコードショップの店員は、

 

「このアルバムは、ウエイン・ショーターのサックスがまるでトランペットと同じ音で鳴っている。多分サックスのリードを強く噛んで吹いていたのだろう。」

 

と興味深い説明をしてきた。

 

 

 早速、家に帰ってCDを聴くとレコードショップの店員が言ったとおり 

 

”マイルスのトランペットと同じ音でウエイン・ショーターのサックスが鳴っている!”

 

 ステレオ録音で、左右にそれぞれマイルス とショーターが聴こえるのだが、たまにシンクロして、左右どちらがマイルス かショーターか分からない時があり、すごく不思議な音に魅了された。



 

 このようにして店員は、毎月訪れる私に熱心にアルバムを選んで提案してくれた。



 私は、時代を遡るかのようにマイルスのアルバムを追い続けた。

 

open.spotify.com

 

 

 

 

 

 

そして年月は経ち、

 

 

 今になってレコードプレーヤーをシステムに導入した私が、初めて買ったマイルスのアナログレコードは「カインド・オブ・ブルー」だった。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 やはり、このアルバムは外せない。

 

 

 このアルバムジャケットを見ると、何もわからない高校生の私に、熱心にモードジャズのことを教えてくれた、あのレコードショップの店員のことを思い出す。

 

 

f:id:audiojazz:20200301195213j:plain

 

 

 最近はマイルス の中古レコードを買ってはせっせと洗い、レコードに針を落とすオーディオライフ。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 アナログレコードの表現力は、CD世代の私にとって、とても新鮮に聴こえくる。

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 30年位上経った今、そんな至福を時間を過ごすことができるのも、高校生の頃にレコードショップの店員がモードジャズを教えてくれた事だと感謝するのである。

 

open.spotify.com

 

 

 


  

 

 

 

 

2020年7月10日更新


2020年3月7日 (初回投稿)

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村