人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

喫茶店のマスターの自作!高音質真空管アンプ(固定概念) 

真空管アンプの音とは?

・ある喫茶店での話し

 昔、仕事の取引先の方が経営している喫茶店に訪問した事がある。

 最近のドトールコーヒーやスターバックなど違い、その喫茶店は、木とガラスで出来たドアを開けると、木製のカウンターやテーブルセットなどが使われており、非常に落ち着いた雰囲気の店だった。
 

< 

 

取引先の方は、カウンターの中で香りのよいコーヒーを注いでいた。


 私は挨拶をしてから、店の中をぐるり見渡すと壁にある吊り棚に目が留まった。

 その吊り棚に置いてあったのは一目で自作スピーカーと分かった。

 そのスピーカーは、私の記事に時々名前がでてくる自作スピーカーの神的な存在の長岡鉄男氏設計のセミマトリックススピーカーだった。
 

 これはAV-5と名付けられているスピーカーで、一見、小口径のフルレンジ+ドームツイターと言う普通のスピーカーを横倒しにして置いてあるようだが、実は側面にもう一つソフトドームツイーターがあり、ツイーターのみマトリックス接続されているものだ。

 テレビの上に置いて使うスピーカーで、ステレオ放送がサラウンド再生されるというものだ。 (昔のブラウン管テレビは奥行きがあり置物など載せる事ができていた。)

 実際、喫茶店で鳴らされていなかったのは残念だった。

 

・マスターの家のオーディオルーム

 私はいつの間にか取引先の方と言うよりも、オーディオ好きの喫茶店のマスターという気持ちで接するようになり、懐かしい自作スピーカーの話しに花が咲いた。


 喫茶店のマスターは真空管アンプも自作していると言うので、ある日マスターのご自宅に招待された。
 

 自作したエンクロージャーにはめられたアルテックの小型フルレンジががさり気なく置いてあった。

 メインスピーカーはトールボーイだったが、ヨーロッパあたりのメーカー製だったと思う。

 私の興味は、マスター自作の真空管アンプで2台を入れ替えながら聴いているらしい。

 マスターはソニー・ロリンズのサキソホン・コロッサス(通称サキコロ)というアルバムの「セント・トーマス」という曲とマイルスデイビスのサムシング・エルスというアルバム(大人の事情でサックス奏者のキャノンボール・アダレイのリーダー作として発売されている。)の「枯れ葉」を聴かせてくれた。


 どちらもこの頃の私の好みにドンピシャのアルバムだった。

 

 私は真空管アンプをじっくり部屋で座って聴くのは、その時が初めてだった。
 

 当時の私の真空管アンプのイメージとしては、よく雑誌に書かれていたからか、”暖かい”とか”まろやか”とかどちらかと言うと音質追求よりもムードを楽しむようなイメージだったが、いざ鳴らし始めるとソニーロリンズのサックスは力強く、マイルスのミュートトランペットは鋭い。
 全くイメージと異なっていた。

 もう一台の真空管アンプに繋ぎかえてもらい聴かせていただくと、今度は解像度が少し落ちた感じであまりインパクトがないが表現に困るが雰囲気の良い音だった。


 マスターも私が好みと思った最初のアンプの方が良いと言われていた。
 

 真空管アンプは使う真空管(球)によって、いろいろな音に変化するという。


 ワイドレンジを誇張するものでないが、トランジスタアンプより回路がシンプルなので、能率のよいスピーカーだとストレートによく鳴るようだ。

 

 私は真空管アンプにはチャレンジした事はないが、以前の記事に「真空管への憧れ」 というタイトルで、ラックスマンの真空管ハーモナイザを取り上げた事がある。
 3種類だけの真空管でしかも12au7 と言う小さなものを取り替えただけなのだが違いが明確にでる。
 
 一概に真空管アンプだから緩い音とかでは無い事を理解できた。

 

 未だにマニアの間では真空管アンプは根強い人気だが、単にノスタルジーに浸っているわけではなく、その人が音質を追求した結果たどり着いた選択肢だと思う。

 こんな事を書いていると、ますますアナログレコードプレーヤーが欲しくなってきた。

 

 しかし、ブログを書くようになってから、結構忘れていた記憶が蘇るので自分でも驚いている。

 私の脳に残っている間は、オーディオに関心の有る方へお役にたてるような情報を書き続けていきたいと思う。

 

 2020年1月28日

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村