人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

1000万円!ハイエンドオーディオは意外にも・・・。

<あの頃の好み>

・スピーカーはバックロードホーンスピーカーで個性重視!

・アンプは繊細感より馬力重視!

・ケーブル類は単線に限る!

・音楽は70年代のエレクトリックマイルス!

・音はハイスピードな立ち上がり重視!

、、、 だった。

 

<優しく暖かいハイエンドオーディオ>

 以前、勤めていた会社の取引先の社長が、私がオーディオ好きだと知ってご自宅に招いていただいた事がある。

 その社長もオーディオ好きで1000万円ほどのシステムを組んいるとの事で、興味津々ご自宅まで車を走らせた。

 高級住宅街の見るからに頑丈そうな家だった。

 玄関からほど近くにオーディオ専用ルームある。扉は防音扉を2回開けなければならないという徹底ぶりだ。

 部屋は約20帖の洋間、床もフローリングだがフワフワせずしっかりしている。

 その部屋にそびえ立つスピーカーは、JBLの15インチウーハーに、コンプレッションドライバーとホーンの組み合わせ、更にスーパーツィーターを繋げている。

 背丈ほどある立派なスピーカーに圧倒された。

*下のスピーカーはイメージです。)

 

 何とこれをドライブするのは、自作の真空管アンプ1セット だけである。

 (*下のアンプはイメージです。)

 

 マルチアンプ でチャンネルディバイザーと思いきや、たどり着いたのがこの組み合わせだという。

 クロスオーバーネットワークもご自身で作成されたとのこと事。

 CDプレーヤーはWadia(ワディア)製で、CD1枚再生するのに何故こんなゴツい装置が必要なのか?と思うほど立派なものだ。

 

 

 

 

 真空管アンプ の球が温まったところで、社長のお気に入りの曲をかけていただいた。

  男性ジャズボーカルのライブアルバムだったが、ステージで話している声が実にリアルで会場のエコーが部屋に充満する。

  私が持参した何枚かのCDも聴かせてもらった。

  音量を上げても全く耳につかず、何より自然な事に驚いた。

 

 私はフルレンジバックロードホーンをメインスピーカーにしていたが、ソフトによっては煩くて音量を上げてられない事がしばしばある。

 

 15インチウーハーに大型ホーンツィーターの組み合わせにもかかわらず、ユニットの繋がりが良く違和感のかけらもない。

  あまりにも自然過ぎて当時の私は逆に物足りないぐらいだった。

  

 1000万円の装置と言えば、中高音はいかにも高解像度で、低音は地鳴りのように鳴り、ワイドレンジ感バリバリ圧倒と思いきや全く違った。

 

 見た目は圧倒されるが自然な音に時間を忘れてしまう。

 

 社長は忙しくてゆっくり聴く時間があまりないと嘆いておられた。

 この社長は技術系の会社を経営されているだけあり、若い頃からご自身でアンプを作成したりしていたそうだ。

 最近はオーディオ用にパソコンを買って、CDをリッピングして”インフラノイズ”というメーカーのDACを繋いで聴いていると話されていた。

 技術者は単純に古いものがいいとかではなく、古くても良いものや新しい技術にも興味を示される。

 某オーディオメーカーの社長もたまにこのオーディオルームを訪れるとの事。

 何度か社長の家を訪れたある日、インフラノイズと言うメーカーのAR-2000というデジタルノイズをカットする装置を私に譲っていただいた。

 社長曰くAR-2000の技術はすごいらしい。

 (インフラノイズ AR−2000)

 

f:id:audiojazz:20191118230303j:plain 

 その社長とは、私が転職して以来お会いしていないが、あの1000万円のオーディオ装置を聴かせてもらった思い出が詰まっているAR-2000は今でも私のオーディオ装置に繋がっている。

 

2020年1月7日

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村