人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る! オーディオの使いこなし術をご紹介!(☆初心者からマニアまで☆)

【高SN比】無垢マイクロリニア交換針 オーディオテクニカ・VM型カートリッジ

無垢マイクロリニア針の静けさ【AT-VM95ML】

 f:id:audiojazz:20201122052915j:plain

 

 MM型やVM型のカートリッジは針交換ができるというメリットが有る。

 オーディオテクニカVM−95シリーズは、上位機種に使われている交換針と互換性があるので、カートリッジ本体はそのままで針交換でグレードアップできる楽しみがある。

 今回、AT-VM95Eを無垢マイクロリニア針に交換して【AT-VM95ML】に生まれ変わったVM型カートリッジには「静けさ」という音が備わっていた。

 

 NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

 

交換針が選べるAT-VM95シリーズ

 最近はシェルリード線を交換してカートリッジの高音質化を図っている。

 DENONの超定番MC型のDL-103やオルトフォンのMM型の2MRED、モノラル専用のオーディオテクニカAT-MONO3/LPのそれぞれKS-Remastaのシェルリード線に交換してカートリッジの潜在能力を引き出すことに喜びを感じていた。

 TEACのレコードプレーヤーに付属していたVM-95Eもシェルリード線を交換して、安価なカートリッジにもかかわらず、その能力の高さに驚いた。

www.audiojazzlife.com

 

 そんなVM-95Eは上位機種の針に交換が出来る。

  VM-95シリーズの交換針は下記の表のような種類がある。

 

(オーディオテクニカのホームページより)

AT-VM95 Series

表の左へ向かってグレードが上がっている。

 

 緑色が接合楕円針のAT−VMN95EでLP用のカートリッジとしては、下位から2番目となっている。

audio-technica(オーディオテクニカ) VM型ステレオカ-トリッジ交換針 AT-VMN95E

 

 この中で前から気になっていた赤色の無垢マイクロリニア針 AT-VMN95MLを試してみた。

  

audio-technica(オーディオテクニカ) VM型ステレオカ-トリッジ交換針 AT-VMN95ML

 

 

簡単に出来る針交換

 

f:id:audiojazz:20201122054720j:plain

 

 針の交換は非常に簡単である。

 

 針交換の説明書の図を見るだけですぐに分かった。

 

f:id:audiojazz:20201122054907j:plain

 

赤色のものが無垢マイクロリニア交換針

 

 f:id:audiojazz:20201122055124j:plain

 

 

引っ張るだけで簡単に針が外せる

 

f:id:audiojazz:20201122055730j:plain

 

 

あとは交換針をはめるだけ

 

f:id:audiojazz:20201122055859j:plain



 カートリッジをヘッドシェルに付けたまま、針を交換するだけなので、オーバーハング調整は不用で手間要らず。

 シェルリード線もそのままで良い。

www.audiojazzlife.com

 

AT-VM95MLへと生まれ変わる

f:id:audiojazz:20201122060053j:plain

 

推奨針圧は2.0gでVM-95Eと同じ 

f:id:audiojazz:20201122060220j:plain

 

www.audiojazzlife.com

 

 

一聴して感じるSN比の高さ

 

 無垢マイクロリニア針に交換してVM-95MLに生まれ変わったカートリッジで、VM-95Eのシェルリード線を交換した時と同じくビル・エヴァンスの「Everybody Digs]を最初に聴いた。

open.spotify.com 

 

 レコード盤に針を降ろした第一印象は非常に静かなことだった。

 

 大袈裟かも知れないが、まるで「静けさという音」を聴いているかのような感覚がした。

 

  VM-95Eのときの高域の絶妙なチャーミングなアクセントがなくなって、その代わり95MLはスムーズに高域の伸びを感じさせる少し大人の音になった。


 低域はウッドベースが95Eより芯と厚みが増しエネルギーが高まったことを床から足の裏で感じられる。

 

 SN比が高まった為かピアノの弦の余韻がよく聴き取ることが出来る。

 

 ジャズは少しアクセントがあった方が面白いが、そんなアクセントに隠れてしまう音もあるのだろう、デリケートなニュアンスなども感じられるようになった。

 

 ビル・エヴァンスのピアノソロの曲ではそれが活きてくる。

 

f:id:audiojazz:20201122061221j:plain


 

  

アトランティックから聴こえるMJQの響き


 何枚かレコードを聴いてみたが、モダンジャズカルテット(MJQ )の「ピラミッド」というアルバムが特に良かった。

open.spotify.com

 

 このアルバムはアトランティックというレーベルから出ている。

 

 アトランティックレコードのアルバムは他にも持っており、他社のレーベルと比べて音質がくすんだような古めかしい独特の世界がある。

 

 しかし無垢のマイクロリニア針は、そんなレコード盤でも微小な響きを拾い上げてくれる。

 

 1曲目のVendom のミルト・ジャクソンのヴァイブとジョン・ルイスのピアノの被せ合いのような展開が、まるでバッハのオルガン曲のように部屋に響き渡る。

 

f:id:audiojazz:20201122061520j:plain

 

 
 VM-95MLは高音にアクセントをつけずに、静けさとレンジが増したことを感じさせ、無垢のマイクロリニア針がVM-95Eの接合楕円針とは価格的に2ランク上というのもうなずける。


 特にSN比の高さは、静かな夜に小音量で聴くのにおすすめだ。

 小音量でも細かい音や響きが感じられ、レコードを聴く満足感に浸ることができる。


 今回もVM-95Eと同じくヘッドシェルと接続するリード線には【KS-Remasta】のLW-4500LTDを使ったが、VM-95MLとも相性が良かったように思う。

 f:id:audiojazz:20201114234834j:plain

 

 https://ks-remasta.welf.biz/

👆【KS-Remasta】のホームページ

 

 

 ・AT-VM95Eのシェルリード線交換の記事

www.audiojazzlife.com

 

 

・オルトフォン2MREDのシェルリード線交換の記事

www.audiojazzlife.com

 

 

・モノラル専用AT-MONO3/LPのシェルリード線交換の記事

www.audiojazzlife.com

 

〜最後に〜 

 今回初めて無垢マイクロリニア針に交換して、欧州でも人気のオーディオテクニカVM95シリーズは親しみやすく楽しめる音の良いカートリッジだという事をあらためて感じさせてくれた次第である。

 AT−VM95シリーズのような発展性のあるカートリッジは、アナログレコードをこれから導入する方にはおすすめ出来る逸品だと思う。

 

  オーディオの買取専門店【オーディオの買取屋さん】

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村