人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

オーディオ高音質化 使いこなしの基本 振動を理解する

オーディオの使いこなし! 振動を操ることの理解

 

オーディオの重要事項★振動について理解する

振動には大きく分けて2種類、それは「空気振動」と「個体振動」

 マニアの方はご存知だと思うが、「振動を制する者は、オーディオを制する。」と言っても良い程にオーディオは振動を如何に制御するかが永遠のテーマとなる。


 当然、オーディオシステムで音を再生すると振動はスピーカーから発生する。


 スピーカーは、ユニットの振動板の振幅によって空気を振動させて音波となって私たちの耳に到達している。

 

空気振動とは

 ソプラノ歌手が高音を発してグラスを割るという話を聞いたことが無いだろうか?

 又、祭りや運動会などの演奏などで、太鼓の音が腹に響くと言う体験は子供の頃にされたことが有ると思う。これが実感として分かりやすい空気振動というもの。


 生の音の再現を目指す場合、この体験のように空気振動をスピーカーから再生する事が理想だが、なかなか一般的な住環境では近隣騒音妨害になるので難しい。

 

個体振動とは

 スピーカーからある程度の音量を出すと、床が振動しているのを足の裏で感じとれる場合がある。

 

 古い駅の電車のホームで快速や急行列車が通過する時に足元から揺れが伝わってくる。 


 これは空気振動とは別に、モノを伝わって振動するので個体振動と言う


 空気振動は、主に部屋の壁などの反射による音への影響がある。

 個体振動は、スピーカーの振動がスピーカーを設置しているスタンドやラックを通じて違う場所にあるプレーヤーやアンプなどに伝わってくる。

 この振動が、機器の足から機器の筐体に伝わってパーツを振動させてしまう。

 

 

 

オーディオ機器は振動に弱い


 アンプなど機器の内部の写真をカタログや雑誌で見られた事があると思うが、トランスや大量のコンデンサ類、CDプレーヤーなど回転系のメカなど色々なパーツがところ狭しと並んでいる。

 

 

 

 これらが振動すると余分な音を付加されたり、信号をロスしたりして再生音質に影響を与えてしまう。


 その振動からパーツ類を守る為、各メーカーは振動に強い筐体を作ったり、オーディオアクセサリーとして他種多様なインシュレーターが昔から発売されているのである。

 

 

 

 


 しかし、インシュレーターなどのオーディオアクセサリーだけで、簡単に振動を制御出来れば良いのが、なかなかそれだけでは効果が少ない。

 

 その前に、個体振動を機器のもっと手前の段階で制御する事が重要になってくる。


 その対策をスピーカーの設置しているスタンドやアンプなどの機器類を設置しているラックに対して行う必要がある。

 


 ラックやスピーカースタンドは、部屋の床に設置している事がほとんどだが、まず床に個体振動が伝達しにくい対策をする事が最重要課題だ。

 

 


 この事を理解しといないと、いくら高級なスピーカースタンドやインシュレーターを用いても振動エネルギーは思いのほか大きいのでなかなか音質は改善しない。

 

振動対策の5つのプロセス

振動を制するためには、下記の5つの項目に於いて対策、制御しなければならない。

 

①床の振動対策

②スピーカーの設置について

③アンプやプレーヤーを設置しているラックに対する振動対策

④インシュレーターなどによる振動制御

⑤オーディオ機器本体に対する振動制御 


 できるだけ①から⑤の順番に進めていく事をおすすめする。


 対策に着手する前に、原因である振動と言うものを理解することが重要なので、今回は振動について簡単に説明させていただいた。

 

 今後、①〜⑤の手順に沿ってその手法を説明していきたいと思う。

 

 

  ピュアオーディオも、ホームシアターも、デスクトップオーディオも、最近流行りの兆しがみえているリビングオーディオも、振動を操ってお気に入りのオーディオ装置で高音質に音楽を楽しみたいものである。

 

 

2020年5月12日(更新)

2020年1月22日(初回投稿)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村