人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

超おすすめ!!音場感がいい 仮想同軸スピーカー

仮想同軸スピーカーは音場感がイイ!

 

 

パイオニアの仮想同軸スピーカー 

 

 その方式は、バーチカルツインと呼ぶ。

 

f:id:audiojazz:20200315001527j:plain


S-55TWIN(パイオニアのホームページより)

スピーカーシステムが理想とする点音源実現のために、さまざまな方法が考えられた中で、その音像定位感と広い音場感からバーチカルツイン方式を採用。1987年に世界初の民生用バーチカルツインスピーカー「S-55TWIN」を発表し、その歴史の幕を開けました。時代ごとに最適なデバイスとエンクロージャーを選択することで、一時代を築くとともに、その思想は今に続く進化を遂げています。

 



バーチカルツインスピーカーの特徴

 

・ユニットが垂直配列されている。

 

・ツイーターを上下2つのウーファーで挟む。

 

 

点音源という理想

 

 スピーカーは、1点から音が発せられる点音源が理想と言う考え方がある。

 

 タンノイの伝統的なスピーカーユニットには、ウーファーやミッドレンジの真ん中にツイーターが埋め込まれている。

 

 これは、デュアルコンセントリックというユニットで、ツイーターがウーファーユニットの中心に奥まって設置されている事で、ウーファーと相互の位相の統一まで図っているというもの。

  

 

 

 

 

 

 

 

  若い頃、タンノイのスピーカーは、日本橋のオーディオショップの店長のお勧めだったが、とても手が届かず、未だにいつか手に入れたい憧れのスピーカーの一つでもある。

 

www.audiojazzlife.com

 



 

パイオニアのアプローチ

 

 パイオニアはタンノイとは違ったアプローチで、ユニットの配列によって理想的な点音源を実現しようと試みた。

 

 

 冒頭の写真のバーチカルツイン・スピーカーS-55TWINは、発売された80年代後半、当時のオーディオ雑誌でも絶賛されていたスピーカーだった。

 

 各メーカーが30cmウーファーとスコーカーとツイーターからなる3way中型ブックシェルフスピーカーでしのぎを削るなか、バーチカルツインで勝負に出たパイオニアの企画は大当だったと思う。

 

 

 S-55TWINが発売されてから、オーディオショップで何度か音を聴いた。

 

 しっかりとスピーカースタンドを使って、空間にゆとりのあるセッティングがされていると、とても小型のスピーカーから鳴っているとは思えない程のスケール感があった

 

 そしてスピーカーから遠く離れていても、ユニットの反応が良いため、音が軽やかに聴き手の方に飛んでくる。



 凝縮された音像と言うよりも、楽器の響きや空間に広がる音場感豊かな表現が見事だった!

 

 

 

最近の仮想同軸スピーカー

 

 海外でも同様の方式があり、興味深いスピーカーが日本に来ている。

 

 

 

 

👇タンノイの最新型仮想同軸スピーカーも興味深い!

 

 

 

 

 

 

  

 バーチカルツイン方式の仮想同軸スピーカーは縦に長いので、テレビの横にセッティングしても画面と違和感が少なくおすすめだが、できればゆったりと空間をあけてセッテイングをすると音場感の良さが際立ってくる。

 


 以前パイオニアからピュアモルトスピーカーのシリーズで、バーチカルツイン方式のスピーカーが発売されていたが、今後はどうなのだろうか?

 

 

音場感の良い!

仮想同軸スピーカーなら🤔

仮想現実の世界が味わえるかも知れない🤭

 

 

2020年5月15日(更新)

2020年3月15日(初回投稿)

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村