人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

点接触インシュレーターがおすすめ <スピーカー達が飛躍的に高音質に鳴った!>

スピーカーの音質向上化 インシュレーターで点接触がポイント!

 

 

音の不満はスピーカーのセッティングが原因では?

 

スピーカーのセッティングが悪いと概ね以下の傾向になりがち。

 

・ピアノの響きが悪い。

・シンバルの抜けが悪い。

・トランペットなどの金管楽器が遠く感じる。

・ベースとドラムが不明瞭。

・ボーカールがこもって聴こえる。

・低音が弱い。 

・高音が弱い。

・小音量で細かい音が聴き取りにくい。

・音に潤いやツヤがない。

・音が伸びやかではない。

 

などなど、音質の不満がでてくるものである。

 

 

CDやストリーミングなどデジタル音源、レコードなどのアナログ音源に限らず

スピーカーのセッティングを見直すと音楽の表現がかなり向上する。

 

 

 

オーディオの高音質化はスピーカーのセッティングを見直すことが近道

 

スピーカーは踏ん張っている

 

オーディオ機器は振動に弱い。

 

特にアナログレコードプレーヤーはスピーカーから発する振動によりハウリングが発生し、低い音がボボーーーっと鳴って音楽再生どころではない。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

CDなどのデジタルプレーヤーやアンプも外部からの振動の影響を受けないようにオーディオメーカーは筐体に振動対策を行っている。

 

 

 

スピーカーというのはユニットを振動させ音を発している。

 

そのスピーカーから発生される振動を断ち切ることが早道なので、防振ゴムで振動が床に伝わらないようにするのが良い?、、と考えがちだが、ゴム系インシュレーターを多用するのはおすすめしない。

 

高音質を狙うなら、ゴム系のインシュレーターをスピーカーにはできるだけ使わないほうが良い。

 

スピーカーユニットの振動板はフレームによって支えられている。

 

そのフレームはエンクロージャー(スピーカーBOX)に固定されている。

 

エンクロージャーは(スピーカースタンドを介して)床に設置されている。

 

結果的にスピーカーの振動板の反動を床が支えている事になり、スピーカーはその床で踏ん張っているのである。

 

 

人間で例えるならば、砂浜の上では上手く走ることができない。

 

これは砂に脚を取られて踏ん張ることができないからである。

 

早く走るには、固くフラットな地面でなければならない。

 

砂浜よりもアスファルトの道路のほうが速く走ることができる。

 

 

スピーカーもこのイメージで、砂浜で足を取られないようなセッテイングをすることが大事なのである。

 

 

オーディオはしっかりとした床に設置しないと本領を発揮できない。

 

 

床の振動対策については👇の記事をご参照いただきたい。

 

www.audiojazzlife.com

 

 

 

 

 

スピーカーをしっかりと設置させるには点接触が効果的

 

スピーカーをしっかりとしたスタンドや床に設置する際には、底面をベタ置きしないほうが音質的に好ましい。

 

 

今までの経験では、スピーカーの底面はインシュレーターを使って点接触させるほうが断然よかった。

 

 

スピーカーの振動板は想像以上にエネルギーがあり、その反動を受け止めるには重くてしっかりした支えが必要になる。

 

 

スピーカーを手で押して簡単にずれるようでは、踏ん張りが効いていない。

 

 

スピーカーの上に重石を乗せるのも方法の一つだが、メーカー製の一般に販売されている普通のブックシェルフ型スピーカーやトールボーイスピーカーの場合は、重石を乗せると概して詰まった音になるのであまりおすすめしない。

 

 

そこで、スピーカーをインシュレーターを使って点で支えることで、重石を乗せる効果に近い状態をつくることを狙う。

 

 

インシュレーターを使うと、スピーカーと床やスタンドとの接地面積が小さくなるので、設置面積あたりの荷重がベタ置きよりも相当大きくなるからである。

 

 

 

3点支持か?4点支持か?

 

インシュレーターを使ってスピーカーをガタツキがなく簡単に設置できるのは3点支持が良い事は否定しない。

 

しかし3点支持でも注意が必要だ。

 

3点を結んで出来る三角形が正三角形に近い事が理想的。

 

 

f:id:audiojazz:20200817001529j:plain

 

 

3点支持が2等辺三角形でも良いが、頂点が鋭角になると安定性が悪くなる。

 

 この場合は4点支持にする方が望ましい。

 

f:id:audiojazz:20200816224621j:plain

 

 

 

 

私のメインシステムにはスーパースワン という自作のフロア型スピーカーとオーディオプロのFS-20(audio pro fs-20) というトールボーイスピーカーを使用している。

 

 

f:id:audiojazz:20200816230445j:plain

 

 

f:id:audiojazz:20200816225057j:plain

 

 

スーパースワンは底面が正方形に近いので、インシュレーターを3点支持で使っている。

 

f:id:audiojazz:20200816225759j:plain

 

 

ちなみにインシュレーターはアサダ桜材のキューブとAETのスパイクとスパイク受けをセットしている。

 

 

 

 

AET インシュレーター 4個 SH2007SA

AET インシュレーター 4個 SH2007SA

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

AET スパイクベース 4個 SH2007HBA4P

AET スパイクベース 4個 SH2007HBA4P

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 

 

さらに、スーパースワンにはエンクロージャーにデッドスペースがあり、その中に鉛の粒とジルコンサンドを入れているので、重心が低くく3点支持でもかなり安定しており、少々さわってもびくともしない。

 

f:id:audiojazz:20200816225836j:plain

 

www.audiojazzlife.com

 


 

一方のトールボーイのオーディオプロFSー20の底面には、長方形の木製の台座が付いている。

 

 

 

 

 

f:id:audiojazz:20200816230029j:plain

 

 

ちなみに、この板の裏には4隅にウレタンのシールが傷防止の為に貼ってあったが、音が鈍るので剥がしてオヤイデのスパイクとスパイク受けのインシュレーターを挟んでいる。

 

 

 

このスピーカーは幅が狭く奥行きの長いスピーカーなので、その台座も奥行きが長い。

 

 

前に2つ、後ろに1つの3点支持でインシュレーターを挟んでも、ちょっと触っただけでぐらついてしまう。

 

 

3つのインシュレーターを線で結ぶ2等辺三角形の頂点が鋭角すぎるためだ。

 

 

そういうことで、オーディオプロのFS-20は4隅にインシュレーターをはさみ4点支持にしている。

 

 

しかし4点支持は、スピーカーの底面と床面(オーディオボードなど)が真っ平らでないとどうしてもガタツキがでる。

 

 

これは、10円玉やPタイルや厚紙(名刺や不要なカード)などで適当なスペーサーを使って徹底的にガタツキを抑える必要がある。

 

 

 

 

 インシュレーターとスピーカーとの相性

 

 

メインシステムのスーパースワンとオーディオプロのFS-20 のそれぞれに、上の写真のように金属製のスパイクとスパイク受けをそれぞれセットにして設置しているが、以前はスーパースワンにはオヤイデのスパイクインシュレーターのみアサダ桜材のキューブの上に刺さるように設置していた。

 

 

先日、レコードプレーヤーのハウリングマージンを確かめる際に、AETのスパイクとスパイク受けのセットをスーパースワンに使って見たところかなり好印象だった。

 

 

 👇ハウリングマージンについての記事はこちら

www.audiojazzlife.com

 

 

 

どうもスパイクにはスパイク受けがあったほうが良いようだ。

 

 

スパイクによるピンポイントの接点が、スパイク受けではなく木材に刺さっていた為、接触面積が増えていたことが影響しているかもしれない。

 

 

10円玉でスパイクを受けたりもしたが、スピーカーの音質調整をする際にcm単位で微妙に動かしたいときにずれたりして使い勝手が悪かった。

 

 

AETのスパイクとスパイク受けのセットのインシュレーターは、意外と低域方向に力が出てくる。

 

 

結構小さくて軽い素材にもかかわらず、強度が高い割には金属の響きが抑えられているように感じる。

 

 

スーパースワンは音源(特にデジタル音源)によってはキツイ音をだす場合があるので、オヤイデのステンレスインシュレーターよりもAETのインシュレーターが相性が良かった。

 

 

 

一方、オーディオプロのFS-20にはAETのインシュレーターのセットを使っていたが、スーパースワンでレコードを再生したあとに聴くと、すこし立ち上がりがおそく、音が柔らか過ぎて物足りなさを感じる事があった。

 

 

ためしにオヤイデのスパイクを使って見たところ、スパイクのみでも少し音に艶が出たように感じた。

 

 

急いでオヤイデのスパイク受けを手配しスパイクとスパイク受けのセットで設置したところ、オーディオプロのFS−20が元気よく鳴りだした。

 

 

更に、スピーカーケーブルもスーパースワンと入れ替えてみたところ、オーディオプロのFS-20では、あまりパッとしなかったQEDのSignature Revelationというスピーカーケーブルがスーパースワンで本領を発揮した。

 

 

 

オーディオプロのFS-20に、スーパースワン で使っていたQEDのスピーカーケーブル XTCにすると今までに無いほどワイドレンジで艶もありつつ細かい音が鳴り出した。

 

[rakuten:audio-s:10043188:detail]

 

 

www.audiojazzlife.com

 

 

どうも、スピーカーとインシュレーターだけでなく、インシュレーターとスピーカーケーブルにも相性があるようだ。

 

 

たまたま、入れ替えたインシュレーターとスピーカーケーブルの組み合わせが、それぞれのスピーカーの能力を発揮した結果となったが、一度はスーパースワンもオーディオプロのFS-20も手放そうかと思った事があったのだが、それぞれの潜在能力の高さに驚かされた。

 

 

まだまだこのスピーカー達はのびしろがある。

壊れない限りは使い続けることだろう。

 

 

 

今回のポイント!

 

スピーカーの高音質化を図るにはインシュレーターが有効。

 

スピーカーはベタ置きよりもインシュレーターで点接触がおすすすめ。

 

スピーカーの底面の形状によって3点支持か4点支持を決める。(鋭角の2等辺三角形なら4点支持が良い。)

 

スピーカーのインシュレーターは柔らかいものより硬いものを選ぶ。

 

インシュレーターとスピーカーケーブルの相性を探ると意外な発見があるかも!

 

 

2020年8月17日 新規投稿

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村