人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

高音質の手法!音の支配者 音質調整のコツ!

オーディオアクセサリーの導入や交換する場合は、1箇所づつ確かめる方が良い。


・スピーカーケーブル

・アナログケーブル(RCAケーブル、XLRケーブル)

・電源ケーブル

・電源プラグ

・コンセント

・デジタルケーブル(同軸デジタル、光デジタル、USBケーブル、LANケーブル)

・スピーカーのインシュレーター

・アンプ のインシュレーター

 etc

  これらを複数一度に交換すると、何に対してどれが効果があったのかがわからなくなる。


 先ず、基本状態を決めておく。

 

 次に、スピーカーケーブルならそれだけを交換して、自分がオーディオ評論家のようにスマホでもメモ紙でも良いのでレビューを記載しておく事をおすすめする。

 

 自分なりのレビューを書くことにより、他人のレビューとの違いにも気がつく。

これが最も重要で人の意見に流されて失敗するという事が減り、自分の耳に自信が持てる。

 

 これらの把握ができたら、次は組み合わせを試す

 例えばカナレの電源ケーブルに非メッキプラグとフジクラの電源ケーブルにパラジウムプラグなどの2種類のケーブルがあるならをCDプレイヤーとアンプ にそれぞれ入れ替えて聴いてみる

そこから更に電源プラグと電源ケーブルの組み合わせも試してみる。(自作の場合に限るが)

 

スピーカーケーブルは基本1本のスピーカーに2芯のスピーカーケーブルをそれぞれプラスとマイナスに振り分け接続されるが、バイワイヤーリング接続の場合には中高音用に1組のターミナル、低音様にもう1組のターミナルが備わる。低音用、中高音用と違うケーブルを使っている場合は、それを入れ替えてみる。

 

 

これだけでも相当な組み合わせ方ができる。

 

 複数のアクセサリーを購入し、すぐに全て交換してしまうと前の音質が良かった場合など原因が分からず、戻りたい時にすべてのアクセサリーを戻さなくてはならなくなる。

  アクセサリーの導入や変更の際に比較するときの注意としては、アンプ のボリュームノブの位置をいつも統一しておく必要がある。

 人の耳は音量がアップした方がつい良い音と錯覚しやすいからだ。


 これらをマスターすると音を予想しながらケーブル類を交換し予想と一致するか確かめる事もで出来るし意外な発見が得られる。


 必ず自分の好みの組み合わせに近づいてくるはすだ。


 こうして徹底的に調べた結果、ほとんど使わなくなったアクセサリーはフリマアプリで売っても良いと思う。


 私は自作のアナログケーブル、自作の電源ケーブルやスピーカーケーブルを色々試して自分のシステムに合わなければフリマに出品したりして次に買うものに当てている。


 しかし、今まで記録した自分がメモしていたレビューを見返してみると、売ったケーブルをまた使ってみたいと思う事もあった。


 売りに出すときは購入した金額より半額ぐらいになる事を覚悟した方が良いのでどうしても気になるものは手元に置いておくのも良い。


 ケーブルやアクセサリーで音は変わる。料理人が調味料を調合するように音を操ってみるのは結構楽しい。


 機械を使いこなしていく事で、自分がオーディオ機器を支配できるようになってくる。

 

オーディオは自分好みの音に育てる過程が楽しいものだ!  

 

 2020年1月9日

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村