人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

コスパ抜群!格安SIM ワイモバイルでシェアSIMプランがお得!Android・Apple ハイレゾ

セルラー時代からauと契約していたが、、。

 以前、私と妻と当時小学生だった子供で、毎月携帯電話料金をauに約20,000円支払いしていた。

 私はiPhone 、妻はAndroid スマホ、子供はキッズ携帯。

  auはセルラー時代から長らく契約してたが、一向に顧客サービスがよくなるわけでもなく、新規の客や他社からの乗り換えに対して過剰なサービスをしていた。(どこのキャリアもそうだったと思う。) 

 

 携帯代があまりにも高いのでUQモバイルに乗り換えた。

 乗り換えまではキャリアのメールアドレスをメインにしていたので、それが使えなくなるのが面倒でなかなかauをやめられなかった。

 

 格安SIMがいろいろ出てきて、近くのヤマダ電機でUQモバイルの売り場があったので説明を聞くと、「auと同じ回線を使っているので他社の格安SIMよりスピードが落ちない」という事で契約した。

 

 その時、初めてキャッシュバックという恩恵を受けた。JCB商品券だった。

しかしauのから転出する費用やUQモバイルと契約する手数料であまり手元には残らなかった記憶がある。

 

 このUQモバイルを2年間使ってみて、auのときは毎月家族3人で20,000円ほどの料金が、毎月10,000円になった。

 年間約12万円も浮いた事となる。

 ただ良いことばかりでもない。

 地下鉄の満員電車では繋がりにくい駅があり、電波のアンテナマークは十分に立っているのにページがしばらく読み込まないなどの現象が出てきた。

 これは年々UQモバイルの利用者が増えたことなのかよくわからないが、auのときには起きなかった現象だ。

 また私のかかりつけの病院の待合室が全く圏外になる。

 待合室でこそスマホをつかって時間を有効利用したいので、それが出来ないのはかなりのストレスだった。

 UQモバイルの2年の契約の縛りが解け、ワイモバイル に乗り換えた。

 家のネットのプロバイダ がヤフーだった為、ヤフオクなどもするのでヤフープレミアムが無料になりネットもおうち割で700円割引かれるという事で、ついでにフレッツ光からソフトバンク光に転用した。

 ソフトバンク光についてはIPV6通信の光ユニットのオプションを付けたので高速で快適になった。

 また、iPhone 6sが実質ほぼ無料になるとのことで、妻と娘の分をこの機会にiPhoneにした。(Androidから乗り換えだが妻も子もすぐに使えるようになった。)

(iphone6sより今ならiPhone7以降の機種が良いと思う。) 

  私はau時代からすでにiPhone6s128GBで、バッテリー交換も安いうちに済ませておいたので私の機種はでファーウェイのp20 lite にした。

 このころちょうどアメリカがファーウェイを締め出した頃で新発売のp30lite が発売されているはずが各社販売を見合わせていた。

 

 これで家族3人iPhone6sとなった。

 肝心な電波はUQのときと同じく、満員電車では駅によってはページが固まってしまう。

 但し病院の待合室は問題なく繋がったのでUQモバイルのときのストレスからは開放された。

 

 結局、ワイモバイルもUQモバイルも場所は違えどつながりにくい場所はあるようだ。格安SIMだからしかたがないか、、、?

 

 私はiPhone6s以外に、上記のP20liteと、ドコモのdtabという8インチのタブレットと9.7インチのipad Air2を持っている。

 

🌟ドコモのdtab(SIMフリーで中古で売られている)

2019年モデル iPad

 

  私のipadはwifiタイプなので主にオーディオ用に利用しており、パイオニアのN70AでAirplayをしたり、Spotifyなどを手元で操作するのに使っている。

 この間、”Amazon Music HDをリビングのパソコンでiTunesに取り込んでオーディオルームのネットワークプレイヤーN70Aに飛ばせない” という内容の記事を書いたのだが、実はiPadからなんなくAirPlayできるのだった。しかし、ハイレゾ音源は圧縮されてAirPlayされるので、iPadでも私の希望はかなっていない。 

    

 私は、電話回線を複数必要と感じたことがなかった。

 しかしワイモバイルを契約することでp20lite がただ同然で手に入り、8インチタブレットのdtabを使うが、外出時にいちいちiPhoneでテザリングをするのも面倒だったので、データー通信プランに加入しようと思った。

 他の格安SIMも検討したが、ヤマダ電機でワイモバイルのスマホコーナーにいたソフトバンクのジャンバーを着た店員に話を聴くと、

「ワイモバイルでプランMに契約しているのであれば、月々480円でデータSIMが3枚使える」という情報を教えてもらった。

 シェアSIMプランとの事で親回線1つに対して子回線を3つ持てるとのことだった。

 今まで他の店員に聴くとポケットWifiを勧められたりされていたが、シェアSIMプランであればワンコインで3台の端末を使えるので、p20liteと8インチタブレットのdtabが使えてまださらに将来モバイルパソコンなどもう1台使えることになる。

 そんな情報は今まで他のワイモバイルの店員からは知らされてなかったが、よくパンフレットを見れば下の方に書いてある。

 シェアSIMの契約をして、今は8インチタブレットのdtab とp20lite にSIMカードを入れて毎日快適に持ち歩いている。

 

 しっかりパンフレットを読んでいない私が悪いかもしれないが、他のワイモバイルの店員もはじめからシェアSIMの事を教えてくれればよかったのにと思う。

 

 話はまたもや変わるが、以前、Bluetoothのポタアンのことを記事にした。

 

24bit高解像度音源に対応したワイヤレスヘッドホンアンプ

 

 その内容はBluetoothポタアンを使ってAmazon Music HDなどのハイレゾ音源再生はiphoneのBluetoothの規格では対応していないと言う内容だ。

 しかしAndroidのP20liteはBluetoothのapt-xHDの規格に対応していたのだった。

 最近は通勤で音楽を聴く場合はp20liteでハイレゾやHD音源を聴いている。

 すこし途切れるときがあるのが難点だが、iPhoneで聴くよりもポタアンのバランス接続の良さが引き立つようで非常に細かい音まで聞き取れる。

 しかもメインで使っているiphoneのバッテリーも少しは減らなくなる。

 

 AppleTVなど家で映画を再生すると画質や音質が良いのに、なぜiTunesやAppleMusicはハイレゾに対応するどころか、AACの圧縮にとどまっているのだろうか?

 Appleはもっとカジュアルオーディオだけでなく、本格的な音質追求に力を入れて欲しいと願う。

 5Gが本格的になるとAppleも何か仕掛けてくるのでは、、、?

 まあ、期待しておこう! 

 

2020年1月18日 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

デスクトップ&PCオーディオ PC家電ブログ・テーマ
デスクトップ&PCオーディオ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村