人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

オーディオ・高音質デジタル時代のアナログを知りたい。 

デジタル化とアナログの存在

 

・デジタル化した本

 

 新聞が売れなくなり、ネットで新聞を購読する人が増えている。

 

 以前は、新聞を購読して欲しい、と洗剤やタオルやチケットを持って販売店の人がよく家を訪ねて来たが、最近は全く来なくなった。

 

 

 

 Amazonでは電子書籍のKindle版と雑誌や文庫本などの紙媒体の2種類が販売されている。

 

 

 

 楽天マガジンなど、アプリをダウンロードし定額で雑誌がで読める。スポーツ系、ガジェット系、ファッション、週刊誌などなんでも揃っている。

 

 

 

・読書好きは紙が好き?

 

 私はタブレットで読むことが多いが、小説が好きなはずの妻に、"タブレットが便利だから使っていいよ" と言っても妻がタブレットで雑誌や小説などを読んでいる姿を見たことが無い。

 

 妻に言わせると、「小説は紙の本じゃないと読んだ気がしないし、読む気にならない」と言う。

 

 今や定額で読み放題、便利で紙の本を買うよりも沢山読めるはずなのに?

 

 

 毎朝、片手に新聞を持って出勤してくる同僚がいる。

 

 その同僚はBluetoothイヤホンを聴き、最新のiPhoneを毎年買い換えるほどガジェット好きなのだが、何故?タブレットやスマホで読まないの?と同僚に聞いてみると、彼は "新聞のインクの匂いやページをめくる感覚が良い" のだそうだ。

 

 昔からの読書好きは、紙の媒体が手放せないようだ。

 

 

・ますます手段にこだわってみる

 

 紙の媒体で本を読むことは情報そのもの価値だけでなく、形あるものに価値を感じているのだと思う。

 これはデジタルとアナログの世界の違いで、オーディオとよく似ていると思う。

 

 PCオーディオやネットワークプレーヤーでハイレゾなど形のないデータをダウンロードして音楽を聴くことが身近になっている時代。

 

 しかし、そんな時代にアナログレコードが未だに売れているという。

 

 

 

 オーディオメーカーもリーズナブルなレコードプレーヤーを数年前から発売している。

 

 

  オーディオでもアナログレコードが好きな人は、単純にノスタルジーに浸るだけでなく、レコードをジャケットから取り出し、ホコリを拭き取り、ターンテーブルにそっと乗せて、針を落とすと言う行為を含めて音楽を聴くと言う事が好きなのではないか?

 

 私はCDプレーヤーからオーディオを始めたが、年々ストリーミングで音楽を聴く事が多くなってきていた。 

 

初めてレコードプレーヤーを自分のオーディオシステムに導入する事にした。

 

 はたして、自分にもアナログレコードの良さを感じる事が出来るだろうか?

 

 

 🌟🌟これからが楽しみだ。🌟🌟

 2020年2月20日

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村