人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

ハイコスパとは?使いこなしと趣味のオーディオ

 いい仕事してるねぇ〜

 何も無駄にお金や手間をかけている事を良いと言っているのでは無い。

 目の肥えた人は経験を重ねて目を養ってきた。

 お金をかけて作られたものは良いのは当たり前だが、それだけでは需要が少ないのでメーカーはニーズに応じて価格を設定し利益の出るようにコストカットをする。

  我々消費者は比較検討し自分の予算の範囲で購入する。

  この比較する時は、メーカーのパンフレットで機能や仕様の説明を見たり、店員に聞いたり、雑誌の評論を参考にしたり最近ではネットのレビューを参考にする事も多くなってきている。

 

  Amazonのレビューに日本語としてはおかしな文章が書かれていたりするという。これは外国人が販売者に雇われて🌟5つのレビューを書いて報酬を貰ったり、コンピュータでプログラムされたレビューが掲載されているらしい。

発売初日から何百ものレビューは普通つくはずかない。

これを調べる方法がある。

 ご存知の方も多いと思うが、「サクラチェッカー」と言うサイトでAmazonの商品のURLをコピーして、サクラチェッカーの検索欄に貼り付けるとサクラ度や危険度などがわかると言う便利なもの。

  先日YouTubeで勧めていたセラミックファンヒーターをAmazonのサイバーマンデーで安くなっていたので購入した。

  私はサクラチェッカーを知る前まで何も知らずそのセラミックヒーターを気に入って使っていたのだが、試しにサクラチェッカーで調べてみるとサクラ度が90%だった。

たが、今のところ問題なく使えている。

  いったい何が本当なのか分からなくなる。

 

 人は情報を求めるが情報が多いほど決断に悩む。悩んだ末に何も決められない事もあると思う。

 決断には意思がいる。

 自信を持って決断するには自分の経験と照らし合わせ、あらゆる情報をもとに未来を予測しなければならない。

 経験は成功も有れば失敗もある。

 オーディオや電化製品でもそうだが、雑誌やネットの評論家のレビューだけでは本当に自分にとって良いものか判断できない。

 こればかりは、自分で確かめてみるしかない。

 買ってみて自分が満足すれば成功、後悔すれば失敗。 単純な事だ。

 

  オーディオ機器は試聴が出来るが、ケーブルなどオーディオアクセサリーは試聴が出来ないのがほとんどだ。

  購入して自分に合わない場合にはただのゴミになるが、今は簡単にフリマアプリで売る事が出来る。

  私も好きなオーディオ評論家が絶賛していたCDプレーヤーを購入した事があるが、全く私には合わず友人に半額で売った事がある。

  その後は何度も自分が納得するまでショップで試聴を繰り返して新たにCDプレーヤーを買いなおし壊れるまで不満なく使えていた。

  予算より高額なものを買うと満足するのは当然、コストの掛け方が違うからだ。

 限られた予算で良いものを購入するには、いかにコストがかかっているかだ。

 やはりこれだけは妥協出来ないと言うところにしっかりとコストがかけられているのもポイントの一つ。

 私はRCA端子にコストが掛かっているかを購入のポイントにするようにしている。

 これは私がケーブルを交換して聴き比べする事が多いので、削り出しのRCA端子のほうが壊れにくいし音質的にも良いと思うからだ。

 コストパフォーマンスが良いことだけが本当に自分にとって良い商品なのか?

 趣味のオーディオに関してはコストパフォーマンスが良いだけで判断しても、自分の求めている音には出会えるとは限らないと思う。

  

音質は人それぞれ好みがあるからだ。

 

また、どんないい装置を手に入れてもその能力を発揮できなかったら意味がない。

セッティングやケーブル、アクセサリーの交換。部屋の音響の見直しなど使いこなしが大切だ。

 

🌟🌟🌟🌟🌟

 

  なんでもそうだが、色々試してみて経験を積むしかない。

 

 機器購入や使いこなしに悩んでるときは楽しいものである。

 あくまでも趣味のオーディオ、たっぷり時間をかけて楽しもう。(╹◡╹)

 

2020年1月2日

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村