人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る!私のオーディオ経験をご紹介(☆初心者からマニアまで☆)

SSDで爆速化!これは早くしたほうがいい!時間がもったいないぞ!

 ⭐もっと早くやっておけばよかった!!

 最近はあまり言われないが、昔は会社の上司から何かと「時短だ!時短だ!」という言葉が飛んでいた事があった。

 言われている方としては焦らされているだけで、慌てるとミスをして逆に効率が悪くなったという経験はないだろうか?

 今回の記事のタイトルも何だか気ぜわしい言葉だが、私は上司でもなんでもないので気軽にお付き合い頂きたい。

 

 さて、PCオーディオに欠かせないのが当然のことながらパソコンである。

私のパソコンは2012年春モデルの東芝ダイナブックで、PCオーディオとネットワークオーディオで使用している。

 購入当時は家電量販店でネット回線に加入すると10万のパソコンが実質4万円で購入できたりした。

 家電売り場にはNTTやYahooなどのロゴの入ったジャンパーを着た店員がやたらと後を付けてくるのが面倒だったが、いざ自分がパソコンを買うとなればこんなありがたい人はいない。

 ネット回線の契約にはすごい時間がかかって、なかなかパソコンを持って帰れなかった覚えがある。

 当時はパソコンの設定など出来る自信がなかったので、メーカーの電話サポートが無料だった東芝に決めたのだ。

 テレビも液晶REGZAで東芝だった為、レグザ リンクダビングでテレビで録画した外付けHDDからパソコンのレグザリンクソフトでブルーレイディスクにダビングができた。

 そのパソコンのスペックは、15インチディスプレイ、Windows7 CPUはCorei7 、メモリーは8GB HDDは750GB で不満はなかったが、数年経過すると電源を入れてから立ち上がる時間が非常に遅くなってきた。

 iTunesもなかなか立ち上がらず、NASは導入できていないので別室のネットワークプレイヤーで曲を再生するのにパソコンが立ち上がるのをずっと待っていないといけない。非常にストレスを感じていた

 そろそろパソコンの買い換え時か?と諦めかけたところ”SSDが安くなってきた”とネットの記事をみてHDDから交換することに決めた。

 購入時500GBのSSDだが2万円切っていて17,000円程だった。

 (今ではもっと安くなっている!) 

 

 パソコンを買い替えるより断然安い!

 

 私は特に動画編集をするわけでなく、YouTubeやネット検索はスマホかタブレットでするのでパソコンのスペックとしては不満ななかったが、とにかく立ち上がりが遅いのをなんとかしたいと言う思いでSSDに交換をチャレンジしてみた。

 750GBのHDDより容量は少なくなるが、500GBのSSDとHDDケースを購入して、タブレットでYoutubeの動画やブログなどで"HDDからSSDへ交換の仕方”の記事を見ながらなんとか自力で交換できた。(こう言う時にタブレットがあると非常に便利である。)

 

 さて結果は?

 ⭐大成功! 🌟爆速!

 
 電源を入れてあっと言う間に立ち上がる。さらにiTunesを立ち上げても速攻曲の再生ができる。パソコンを購入した当時より早いのではないだろうか!

  ⭐費用対効果抜群だ!

 今までなんと無駄な時間を使ってきたことか!

 それからというものサブシステムのPCオーディオでもメインシステムのネットワークプレイヤーでもストレスなく音楽が楽しめるようになった。

 もっと早くにやっておけばよかった。いったいどれだけ無駄な時間とストレスがかかっていただろう?

 その後Window7からWindows10にアップグレードすると動きが更に軽くなったように思う。

 

 PCオーディオでこのようなパソコンのストレスを感じられてい方がいれば、ぜひ早くSSDに交換を検討して欲しい。交換可能であれば幸福になれる!!

 

 (ちなみに私のパソコンは裏面の蓋をあけるとHDDがバッテリー交換の用に簡単にできるタイプだったので意外とスムーズにできた。)

 これからパソコンを購入する方は、ぜひHDDではなくSSDタイプを強くオススメする。

 またWindow7も2020年1月14日でマイクロソフトのサポートが終了する予定なので早めに買い替えもしくは可能であればWindow10にアップグレードされた方がよろしいかと思う。

 

 2019年12月19日

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

デスクトップ&PCオーディオ PC家電ブログ・テーマ
デスクトップ&PCオーディオ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

<p>