人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

高音質を求め続ける方へ贈る! オーディオの使いこなし術をご紹介!(☆初心者からマニアまで☆)

オーディオラックの振動対策におすすめ! コーリアンボードというオーディオボード

コーリアンボードでオーディオラックの振動対策【振動を制御すること】 オーデイオは如何に振動を制御するかが高音質のポイントとなる。 振動エネルギーは強力で押さえきれない。 床やオーディオラックをいくら強固にしても大音量再生となると振動は残こる。…

レコードプレーヤー【水平を正す!】 ゼロバランス調整方法とは?

トーンアームのゼロバランス調整を正確にする方法 レコードプレーヤーの最初のセッティングやカートリッジやシェルリード線などを交換をした際には、カートリッジ側の重さが変わるのでトーンアームの水平・ゼロバランスと針圧を調整しなくてはならない。 ゼ…

ボーカルが綺麗なスピーカーが欲しいなら「ちょんまげスタイル」がおすすめ! 

ボーカルの綺麗なスピーカーはツイーターの取り付け位置がポイント NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン! ボーカルの綺麗なスピーカーはツイーターの取り付け位置がポイント 自作スピーカーで知ったツイーターのポジション 昔に聴いたボーカル…

インシュレーターはホームセンターで気軽に買える!【オーディオアクセサリーの宝庫】

インシュレーターなどオーディオアクセサリーは見た目と値段のギャップが激しい。 なんでこんなものに何万円もするのだろう?という商品は珍しくない。 それは特殊な素材や技術力や大量生産しない製品ということもあり、そのような価格設定になっているかも…

カートリッジ 使いこなしでアナログレコードの音質が向上!

レコードプレーヤーのカートリッジの音質向上対策 レコードプレーヤーの楽しみ方としてカートリッジを交換する事がレコード愛好家としての楽しみの一つ。 私は不注意で、購入したばかりのTEACのレコードプレーヤーに付属のカートリッジの針を購入後1ヶ月もし…

レコードのホコリ除去の為に【最も必要なアイテム】スポットライト

レコード盤に過剰にスプレーを振りかけたり、クリーナーやブラシで拭いてはレコード盤と睨めっこを繰り返して時間を無駄にしてはいないだろうか? レコードを再生してホコリによるノイズを聞き取ろうと耳を澄ましていては音楽を楽しむどころではない。 レコ…

デジタルでもアナログが音質を左右する

普段、音楽を聴くにせよ、テレビを使って動画をみるにせよデジタルデータを音源としていることのほうが多くなってきている。 インターネットの光回線など通信品質の向上により益々情報量が増えユーザーにとっては楽しみや選択肢が増えてきている。 しかし、…

高音質なバナナプラグの取付け方 2つのコツとは? 

バナナプラグは取付け方次第で高音質を維持出来る! オーディオは音声信号を如何にロスなく伝達することが重要である。 その音声信号の伝達の途中にはあらゆる接点が存在する。 高音質を狙うのであれば接点にも気を使う必要がある。 バナナプラグはシビアに…

DIYより安くて簡単【ルームチューニング】!カラーボックスを使った音響パネル

オーディオマニアは、音が良くなるためには出費を惜しまない。 しかし、お金のない学生時代はそうは行かないものである。 なけなしの金で買ったオーディオを如何にしてお金を掛けずに高音質で鳴らすかを試行錯誤していた。 その試行錯誤は、これから先にどこ…

【ファインオーディオ】の高音質トールボーイスピーカー「Fyne Audio F501とF303」の試聴

お目当ての高音質スピーカー【ファインオーディオ】 F501とF303を試聴する 初めはF501を聴きたくて立ち寄ったオーディオコーナー。 しかしF303が素晴らしく出来が良かったので思わず記事にしてしまった。 私の部屋にスペースがあれば買っていたかも知…

スピーカーのセッティング ピンポイント!インシュレーターで点接触がポイント!

音の不満はスピーカーのセッティングが原因では? スピーカーのセッティングが悪いと概ね以下の傾向になりがち。 ・ピアノの響きが悪い。 ・シンバルの抜けが悪い。 ・トランペットなどの金管楽器が遠く感じる。 ・ベースとドラムが不明瞭。 ・ボーカールが…

超ハイコスパだった! DENON PMA-2000Ⅱ デノンじゃないよ、デンオンだよ!

歴代のプリメインアンプ PMA-2000シリーズは高音質な超ハイコスパだった! ロングセラーになるには理由がある。 ロングセラーであり続けるためには信頼が必要。 フルモデルチェンジとロングセラー共に魅力があるが、フルモデルチェンジが必ずしも良いとは限…

オーディオの真の高音質再生とは? 原音を知らずに原音再生という呪縛からの脱却【個性と発展】

原音再生を目指す高音質オーディオの幻想 原音再生を追求することは決して悪いことではない。 その曲に込められたアーティストやエンジニアの方たちの表現したい音を再生できるのは素晴らしいことだと思う。 しかし、 私たちは本当に原音再生できているのだ…

駅前通りの子 "Station Street" フェアーグラウンド・アトラクション

もしも、誰かに「無人島に持っていくアルバムを選ぶとしたら?」とに聞かれたらあなはどんなアルバムを選ぶだろうか? 1枚でも即答できるアルバムがあったら、それはとても幸せなことかも知れない。 30年聴き続けているフェアーグラウンド・アトラクショ…

喫茶店のマスターが作った【真空管アンプの音色】(固定概念) 

部屋の明かりを落として、アンプのスイッチを入れると、ガラスチューブの中のフィラメントが少しずつ熱せられ、ほのかな明かりが灯される。 そしてレコード針を下ろすと、プチプチというノイズの後から真空管アンプに灯されたあかりのような柔らかな温かい音…